思春期ならではの独特な苦みと透明感を描いた作品

■作品名
はみだしっ子

■作者
三原順

■巻数

全13巻 (白泉社文庫:全6巻)

■あらすじ
イギリスと思われる場所を舞台に、家族との不調和で心に傷を持つ家出少年4人(黒髪や金髪、内向的と外交的など、見掛けも中身もそれぞれ違うタイプの少年、グレアム、アンジー、サーニン、マックスの4人)が様々な困難や苦難にあいながらも、大人への不信感を募らせる一方、互いを思いやり兄弟のような心情を育み、後に家族となる大人達と交流し、自己と向き合っていく姿を描くストーリー。

■おすすめ理由
物語や登場人物の内面描写は文学的で、セリフなどの文字表現も多く、まるごと全てセリフ(手紙)で埋められているページなども特徴的。含みを残す表現も多く、重いテーマ、決してハッピーエンドとは言えないラストなども含めて、読者に自己の在り方とは……を問いかける作品。

現在は絶版などでなかなか入手出来ないようですが、
主人公が自分自身の中に葛藤を抱え、悩んで破綻していく中にも、新たな信頼する大人に壊れた自己を委ねていくという選択に、一つの解放と進化を提示した、よく描かれていて、今でも最も忘れられない作品の一つです。





投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。