うさぎ言葉が可愛い!飼い主より大きくてもちもちなパンク

■作品名
パンク・ポンク

■作者名
たちいりハルコ

■巻数
全12巻

■おすすめの理由
私のおすすめは、学年誌と少女漫画雑誌の「ぴょんぴょん」に掲載されていた『パンク・ポンク』です。

主人公は大きな体のウサギのパンク、飼い主の小学生の女の子ボニーちゃんより大きくてもちもちなウサギです。
パンクは人間の言葉もしっかり話せるのですが「ムチャー」とかうさぎ言葉もあるところが可愛くてパンクのすることが面白くて、毎月雑誌を読むのを楽しみにしていました。

お話はボニーちゃんやパンク達のドタバタギャグコメディー、途中からこれまた大きいハムスターのチャーモや、なんと大きいゴキブリのゴキブリーヌちゃんも登場して、かわいかったりゴキブリ怖いけどゴキブリーヌちゃんはちょっとかわいく思ったりしながら読んでいました。

パンクがにんじんサンドイッチばかり食べているのを指摘されて作った豪華なサンドイッチや、にんじんの角切りがころころ入ったアイスクリームとか、なんだかおいしそうで子供の頃とても食べてみたかったです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。