テニスブームを作り出した、テニス部を舞台としたスポ根漫画

■作品名
エースをねらえ!

■作者名
山本鈴美香

■巻数

単行本:全18巻、愛蔵版:全4巻

■おすすめの理由

「エースをねらえ!」は、この当時、少女達がテニスに憧れるブームを作り出したテニス部を舞台としたスポ根漫画です。

1970年代に実際に活躍していた選手達のエピソードも、随所に散りばめられています。

あらすじ
主人公の岡ひろみは、華やかで美しく「お蝶夫人」と呼ばれる生徒副会長の竜崎麗香に憧れ、西高のテニス部に入部する。

そして西高のテニス部のコーチに就任した宗方は、ひろみの潜在的な才能に着目し、いきなり代表選手に抜擢し、彼女を猛特訓しはじめる。

ねたみやそねみから、いじめられるひろみだが、彼女を思う生徒会長の藤堂や親友の支えもあり、持ち前の負けず嫌いと根性で、徐々にその才能を開花させていく……。


スポ根漫画ですが、随所に宝石のような言葉が散りばめられ、何度読んでもその輝きは薄れません。

「負けることを怖がるな、それより力をださないプレイをすることを恐れなさい」など、スポーツ以外にも当てはまる名言がたくさんあります。

また登場人物が皆精神的に大人なので、年齢を経た今読んでもためになることも多く、意外と男性ファンも多い作品です。

時を経ても輝き続ける、老若男女が読んでも夢中になれる漫画だと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。