少女漫画とは思えないほどの厳しいスポ根作品

■作品名
サインはV!

■作者名

原作:神保史郎、作画:望月あきら

■巻数
全9巻

■おすすめの理由

もうひとつのバレー漫画「アタックNo.1」とともに、バレー旋風を巻き起こした
少女漫画で、少女フレンドに連載されていました。

同じバレーにかける少女達を描いたスポ根漫画ですが、「アタックNo.1」と比較すると驚くような
特訓や、現実的には無理!と思う感じの魔球などが飛び出して来るのが特徴です。

■あらすじ
姉がバレーボールの練習中に死亡したために、天賦の才能に恵まれながらもバレーボール憎む朝丘ユミ。

ところが、立木製作所の新設されたバレー部「立木大和」にスカウトされる。

立木大和は、あまりにも厳しい練習のために選手が続々と退部していた……。


少女漫画とは思えないほどの厳しいスポ根もので、必殺技や魔球もちょっと笑ってしまうぐらい
現実離れしているのですが、これが面白い!

仲間との反目や友情なども織り込まれ、
今読んでも新鮮な青春の輝きがあるスポーツ漫画だと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。