秘書検定に合格するためにしたこと5つ(1~4)の続きです。

5.無料の対策問題も利用

問題集を解いてみて結果が合格ラインに達してからは、合格を更に確実なものにするためインターネットで公開されている無料の秘書検定の問題も率先して解くようにしました。

試験では全く新しい問題が出ると思い「それまで解いたことのない問題」を解いて、正解を導きだせるようになったら確実に合格できると感じたからです。無料の対策問題といっても、インターネット上には多くの問題があり、そういったものも利用することで合格への自信をつけました。


結果

一発合格しました。一番よかったのは友人と一緒に受けたことでしょうか。

受験内容はそこまで難しいと感じませんでしたが、一人でこっそり受験していたらここまでしっかりと勉強はしていなかったかもしれません。もし、一緒に受験する人がいなかったら「受験すると友人に公言してみる」のもいいかもしれません。そうすることで、自分にプレッシャーをかけることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。