海上保安官である主人公の現場での活躍と恋愛模様

■作品名
海猿

■作者名
作者:佐藤秀峰、原案・取材:小森陽一

■巻数
全12巻

■おすすめの理由

テレビドラマ化も映画化もされて大人気となった、海猿です。
漫画本のストーリーとしては、海上保安官である主人公が、海難救助などの現場で活躍する姿とひょんなことから出会った女性新聞記者との恋愛が描かれています。

私は映画がキッカケで海猿を知ったのですが、海難救助の場面はテレビ画面やスクリーンで見るのは確かに迫力があって良いのですが、漫画本の方が自分のペースでのめり込んで読み進めることができるので緊迫感を感じることができます。

テレビドラマや映画しかみていないという方は、是非1度は漫画本でも読んでもらいたいと思います。
ストーリーが全く一緒ではないので、どんどんと読み進められるのではないでしょうか。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。