衣のサクサク感と具材のモチモチ感が絶品

 

 

関東の味覚が醤油味中心ならば、関西はソース味が中心となっています。
大阪のグルメの代表格は、お好み焼きでしょうが、もう一つ捨てがたいものが串かつです。
大阪を旅行するならば、お好み焼きと串かつは、是非とも味わいたいものです。

串かつ屋の元祖と評判の「だるま」が、大阪ミナミの新世界に堂々とした店舗を構えています。1929年の創業と言われていますから、元祖というフレーズは間違いないようです。

大阪の人には超人気のグルメスッポットとなっており、いつも店をぐるりと取り囲むように行列ができています。カウンター席、13席の小さな店なので仕方ないかもしれません。
行列の様子は、まるで蛇がとぐろを巻いているようです。

いつも、長い行列ができているのですが、行列が進むスピードは意外と速いのです。串かつ専門店で、メニューには串かつしかないので、串かつばかりをそれ程多くは食べられないからかもしれません。

フレンチやイタリアンのようなおしゃれな雰囲気はありませんが、こてこての大阪の味わいが漲っています。メニューは串かつだけですが、具材のバラエティーは豊富です。肉類、魚介類、野菜、きのこ類など、数十種類はあるので、メニューを見ながら悩んでしまいます。

揚げたての串かつは、じゅうじゅうという軽やかな音を響かせ、衣の上をきめの細かな油が踊っています。串を持ち上げ、ズボッとソースの樽につけて、一気に口に放り込むと、衣のサクサク感と、具材のモチモチ感が、口に広がります。かつばかりを食べると、胃がもたれそうにも思えますが、衣はきめが細かくさくさくとしているので、思いの他さっぱりしています。

最後に蛇足ですが、大阪の串かつ屋で必ず守らなければならない掟は、
ソースの二度付け禁止です。大阪のソース味の食文化では、絶対に掟破りは許されないのです。


■大阪新世界元祖串かつ だるま 本店
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
電話番号:06-6645-7056
営業時間:11:00~21:00
定休日:12月31日19:00~1月1日
HP:www.kushikatu-daruma.com/tenpo_sinsekai_honten.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。