スタート地点は『東京EDOシアター』!

東京EDOシアターのロケ地

アメ横女学園の劇場・東京EDOシアターのロケ地はアメ横に

まずは上野駅から歩いて5分。上野アメ横の『アメ横センタービル』へ。
【上野駅からアメ横センタービルへのアクセス】

アキが水口に歓迎された階段

アキが水口に歓迎された階段

ここはあまちゃんが上京して真っ先にやってきた、アメ横女学園の劇場『東京EDOシアター』があるという設定のビルです。アメ横はJR上野駅とJR御徒町駅の高架下周辺に、生鮮食品から化粧品、革製品、スポーツ・ファッション用品などの店が集まって商店街を形成している東京の名所の一つ。そのほぼ中心にあるのが地下1階、地上5階建てのビル・アメ横センタービルです。

 

小泉今日子サイン入りポスター

キョンキョンのサイン入り!

ドラマに出てくるアメ横女学園が出演する劇場や、アキたちGMTのレッスンルームなどはありませんが、上京したアキがマネージャーの水口(松田龍平)に歓迎の言葉をかけられる階段や、アキの母親・天野春子役の小泉今日子さんがサインしたポスターなどがあり、あまちゃんファンが集うスポットとなっています。

ここでJR上野駅に戻ります。上野駅の正面玄関口方面に架かる巨大な歩道橋・ジュエリーブリッジへ移動です。
【ジュエリーブリッジへのアクセス】

 

ジュエリーブリッジ

あまちゃんの出会いと別れの場所・ジュエリーブリッジ

東京へやってきたストーブさんこと足立ヒロシ(小池徹平)との別れ際、アキが衝撃の事実を告げるのがこの歩道橋。巨大な赤いオブジェに見覚えがあるという人もいるのではないでしょうか。そして北三陸から初めて東京へやってきた夏ばっぱこと天野夏(宮本信子)をアキが迎えにきたのもこの歩道橋の上です。

次の目的地までは少し距離があるので、台東区循環バス・めぐりんの『東西めぐりん』に、「2、上野駅・上野公園」停留所から乗ります。
【バス停までの道のり】

15分おきに運行しているめぐりんに乗り「7. 谷中清水町公園」で下車。ちなみに途中の停留所「4. 旧東京音楽学校奏楽堂」と「5. 東京芸術大学」までの間には、若き日の春子が黒川正宗(尾美としのり)のタクシーを止めた場所があります。
【めぐりんのルート】

さて「7. 谷中清水町公園」で下車して『大名時計博物館』を目指し、お寺が建ち並ぶ静かな住宅街を6分ほど歩きます。
【バス停から大名時計博物館へのアクセス】
まごころ第2女子寮

GMTの合宿所・まごころ第2女子寮は谷中エリアに

大名時計博物館は江戸時代、大名お抱えの時計師たちが手作りで製作した時計を収集・展示している専門博物館です。外観を見てピントくる方も多いのではないでしょうか。そう、アキがGMTの仲間たちやマネージャーの水口と一緒に暮らす「まごころ第2女子寮」です。趣のある昭和な建物をみていると、アイドル目指し頑張っているGMTのメンバーが今にも顔を覗かせそうですね。

次は地下鉄で移動。東京メトロ根津駅を目指します。
【大名時計博物館から根津駅へのアクセス】

>ここまでで大体半分というところ。続きは次のページで!