“NFC”とは一体何か?

NFCは“近距離無線通信規格”の1つなのですが、唐突にそんなことを言われても何のことかさっぱり分からない人がほとんどでしょう。

そこで思い浮かべて欲しいのが、SuicaやEdyなどの非接触型電子マネーカードです。こうしたカードは、専用のリーダーに近づけた時だけお金のやり取り、つまり無線で通信をする仕組みとなっています。NFCはこうした電子マネーカードなどと同様、極めて近い距離に近づけた時だけ、無線で通信するという仕組みを実現する規格の1つなのです。
iPhoneも7からNFCが導入され、SuicaがiPhoneでも使えるようになった

iPhoneも7からNFCが導入され、SuicaがiPhoneでも使えるようになった

日本における近距離無線通信規格といえば、先に触れたSuicaやEdyのほか、携帯電話を専用のリーダーにタッチして決済をしたり、情報を取得したりする“おサイフケータイ”や"Apple Pay"などに使われている「FeliCa」がよく知られています。ですが近距離無線通信規格には他にもいくつかの規格が、日本で多く使用されているのです。
NFC

モバイルSuicaなどの“おサイフケータイ”機能にはFeliCa規格が活用されている

例えば国際規格の「ISO14443 Type A」は、たばこの自動販売機「taspo」などに採用されています。また同じく国際規格の「ISO14443 Type B」は、運転免許証やパスポートなどに採用されています。このように、現在近距離無線規格は、国や用途によって複数の規格が入り乱れて使用されている、複雑な状況となっているのです。

規格が乱立して使用されている状況を改善するべく生み出されたのが、新しい国際標準規格「NFC」です。NFCはそれぞれの規格と互換性を持っている世界標準の規格であることに加え、互換性だけでないより便利な機能が加えられています。そうしたことから、最近のスマートフォンにはNFCが搭載されるようになったのです。
NFC

NFCは現在用いられている複数の近距離無線規格の上位互換となる規格だ


次は、NFCスマートフォンで何ができるかを説明します。