時間の流れを感じさせる家具と過ごす

BADEN BADEN Omakeの2階は、この「海辺の家」の主人公のプライベートスペースをイメージした部屋になっていました。置かれている家具は、いずれも長い時間を経たかのような味わいがありますが、一部に古材を用い、フレームなどの構造的に主要な部分は新しい材料で組み上げたもの。がたつきなどは無く、安心して使えます。

期間限定BADEN BADEN Omake水田典寿個展「海辺の家」

2階のプライベートルームをイメージしたインテリア。家具はアンティークではなく、一部に古材を用い、主要な部分は新しい材料で作ってエイジング処理を施しています。家具はもちろん、照明、本のオブジェ、球体のオブジェなど、どれも不思議な魅力を放ちます


古いガラスを貼り合わせた本のオブジェは、古い素材が持つ独特の緑に特徴がありますし、古材を使った照明は、ON/OFFのスイッチがとってもキュート。どこに何が使われているか、というエピソードは、決してそれ自体に重要な意味があるわけではないのですが、ユニークでわくわくしますよね。

期間限定BADEN BADEN Omake水田典寿個展「海辺の家」

どこかに時間の経過を感じさせる材料を使うのが水田さん流。このベッドには、支柱のトップに古いドアノブが使われているんですって。脇に佇むフロアライトとの相性も良好です


ガイドがおすすめしたいのは、アイアンのベッドです。オーダーが可能なので、自宅のサイズに合わせて、イメージ通りに作ってもらえます。ブロカントっぽい照明と組み合わせて使いたいですね。足元には、小さくても上質なラグを。雑誌などを置いておくミニテーブルがあれば完璧です。

次のページでは、自分らしく美しい部屋を作るための極意をご紹介!