旅行などに一眼デジカメと交換レンズなど機材を持ち歩くのに使うカメラバッグ。現在は様々なスタイルのバッグが売られていますが、単に機材を詰め込むんで使うより効率のよい使い方をしたいもの。ちょっとしたコツを知っておくだけで、効率よいカメラバッグの使い方ができます。また、これから購入を検討する方にも参考になるでしょう。

腰への負担を減らすカメラバッグの担ぎ方

カメラバッグの使い方

カメラバッグを背後に回して持ち歩くことで、片側の腰だけに掛かる負担を軽減。長くカメラバッグを持ち歩くときに試すとよい。

機材が増えるにつけカメラバッグは大きく重くなります。日頃持ち歩かないサイズのカメラバッグを旅の間中担いで歩いているだけで疲労がたまるもの。

一般的なカメラバッグはストラップを肩に掛け、持ち歩くようにできています。通常は右か左どちらかの肩に掛けて歩くのですが、長時間片側だけの肩に掛けていると腰が痛くなり始めることも。

少しでもこの腰にかかる負担を減らす持ち歩き方として、行き着いたのがバッグを背後に持ってくるという方法。ストラップはたすき掛けにするのでどちらかの肩には負担はかかりますが、カメラバッグを背後に持ってくることで片方の腰だけに負担がかかる部分は免れます。

後ろにかかる重さを支えるのにこの持ち歩き方は腹筋を使います。長時間カメラバッグを持って歩くような場合は、カメラバッグの位置を背後にして腰への負担を減らすのに試してみる価値はあるかもしれません。それぞれの体の状態に合わせて試してみてください。

サッと取り出せるカメラバッグはスナップ撮影には最適

カメラバッグの使い方

一眼カメラ単体用のカメラバッグはすぐに取り出せるタイプのものがスナップ撮影には最適。

旅の途中はいつ何時シャッターチャンスが訪れるかはわかりません。撮りたいときにサッとカメラを取り出せてすぐにシャッターを切れる、こんなカメラバッグだったら使い勝手がよさそうです。

一眼カメラ単体を入れるカメラバッグで縦位置にカメラを収納し、上ぶたがすぐに開くタイプのバッグは、すぐにカメラが取り出しやすいです。ちょうどピストルをホルスターから取り出して使うような要領。

上ぶたのチャックは開けておき、ふた部分だけを閉じておき、取り出すときにすぐ開けるように持ち歩くのがコツ。上ふたを開けてさらにチャックがあるような二重式のものは、取り出しに時間がかかります。ふたを開けるとすぐにカメラをつかめるタイプのものが使いやすいです。

参考としてこのタイプのカメラバッグはこちら。

 
次のページでは、バッグ内部の効率性を上げる方法をご紹介!