上質さを随所で感じる、熱海最古の老舗宿

 

 

熱海と言えば四角いビル旅館が林立している印象が強いと思いますが、純和風の老舗宿も数多くあります。その代表格が、創業207年を誇る古屋旅館です。熱海では江戸時代から続く唯一の温泉宿で、熱海最古の老舗宿として知られます。もちろん、単に歴史が長いだけなら勧めません。宿として、本当に上質だと随所で感じるのです。

まずは客室。三階建てという低層棟になっているので、一階の風呂に行くのにエレベーターを待つ必要も無く、階段を降りて行く事も出来ます。また厨房が二階にあるので、配膳もスムーズ。至近距離から運ばれた料理は、熱い物は熱い内に、冷たい物は冷たいまま頂けます。特筆すべきは朝食で、料理に詳しい方であれば、朝から手が混んだ料理が出る事に驚愕するはずです。
 

 

 

 

もちろん、温泉も万全。熱海七湯と呼ばれる歴史的な源泉の一つ「清左衛門の湯」を自家源泉として所有しているので、大浴場や露天風呂はもちろん、露天風呂付き客室の露天まで掛け流しです。

なお、お付き菓子として出るオリジナルの和菓子「千鳥」が、お茶に非常に良く合い、しかもお茶を連想させる緑色が美しく、売店で売っていますが非常にリーズナブルなので、熱海のここでしか買えない土産としておすすめです。

■熱海 古屋旅館
住所:静岡県熱海市東海岸町5-24
電話:0557-81-0001
アクセス:www.atami-furuya.co.jp/access/
HP:www.atami-furuya.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。