徳川吉宗も愛した、殺菌力の高い強酸性の温泉

 

 

日本屈指の温泉地として広く知られる群馬県の、草津温泉のシンボルとなっている湯畑のすぐ目の前にある温泉旅館です。24時間絶えることなく湯煙を巻き上げる湯畑から、沸きたての源泉が旅館に引湯されています。

湯畑に湧き出る湯は7本の木樋に通し、高温の湯は外気によって徐々に冷やされます。この湯が館内に設置された、水車のある内湯、露天風呂など4つの浴場に、源泉かけ流しで注ぎ込まれています。

何とPh2.1の強酸性の温泉は殺菌力が高く、大腸菌などの細菌は1分と生きていられません。昔から恋の病以外は何でも治すと言われてきました。「西の有馬、東の草津」と賞され、江戸時代には「草津千軒江戸揃え」と言われ、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗は、草津の温泉を江戸城まで運ばせて入浴したという記録が残っています。

客室には、「スタンダード和室10畳」、「湯畑一望スタンダード和室10畳」に加えて、ワンランクアップのときが過ごせる「与平次亭特別室」、「与平次亭和洋貴賓室」など、様々なタイプを取り揃えており、人数や目的に合わせて、お好みの部屋を選ぶことができます。

食事には赤身と脂質の風味が調和した「上州牛」や、動物質を排除し麦中心のエサで育てた「上州麦豚」の他に、地鶏つみれ味噌鍋など、草津ならではの料理がテーブル一杯に並びます。

■大東館
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津126
電話番号:0279-88-2611
アクセス:www.daitokan.co.jp/access.html
HP:www.daitokan.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。