綿棒を使ってマウスを掃除する

 

掃除手順

  1. コード(あれば)をPCから外し、マウスだけを掃除できる場所に移動します。
  2. まずはさらっとティッシュやウェットティッシュで全体を拭きます。これだけでも結構キレイになります。
  3. 光学センサーの場合、入り組んでいるため綿棒を使用して掃除します。マウスを裏向けてセンサー部を綿棒で拭き掃除。結構ほこりがたまっていたりするので、キレイにすると反応が良くなることもあります。
  4. 継ぎ目も綿棒で掃除します。意外と汚れが溜まるクリック部分と継ぎ目。そこの細かい部分も綿棒で掃除します。
以上で簡単に掃除ができます。

ポイント

綿棒が乾いていると落ちにくい汚れの場合は、一般的に販売されているクリーナーを綿棒の先に点けて掃除するとあっという間にキレイにできます。細かい部分や光学センサー部分まで掃除できるので、気が向いたときにできるのもおすすめの理由です。

綿棒1本あれば十分キレイにできるのでおすすめです。



投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。