ツアーでは体験できないタイを楽しみたい

バンコク, リピーター

何度来てもいろいろな楽しみ方ができるのがバンコク旅行の醍醐味

タイ旅行は2回目というリピーターのために、いわゆる「団体ツアーの観光客向けスポット」だけではない観光、ショッピング、グルメスポットを詰め込んだバンコクの週末ならではの1日コースをご紹介します。

8:00~9:30
観光は涼しいうちに。バンコクの旧市街を見下ろせるプーカオトーンへ

プーカオトーン

仏舎利の納められている仏塔が通称名「プーカオトーン」(黄金の丘)の由来(c)Yu Izumi

初めてのタイではほとんどの人が3大寺院(エメラルド寺院ワットポー暁の寺)へ観光に訪れます。2回目以降でも仏教国のタイで寺院を訪れたいと思ったらぜひ、ワット・サケット(通称:プーカオトーン)へ。

瞑想, 寺院

丘の上の寺院はとても静かで瞑想に訪れるタイ人もいる(c)Yu Izumi

あまりに3大寺院が有名すぎて、ツアーに組み込まれることはありませんが、実は、王室が建立した非常に由緒正しい寺院なのです。

寺院は小高い丘の上にあるので334段の階段を上って訪れることになります。階段を上がりきるとそこには黄金の仏塔と仏像が納められています。

仏舎利をが納められている仏塔エリアは、静かで厳かな空気が流れているのを感じることができるでしょう。頂上からは、バンコクの街が360度パノラマで一望できます。観光地のような騒々しさとは無縁の、非常に美しい参拝スポットとしても知られています。

プーカオトーン, 鐘

階段の途中、鐘が設置されているので鳴らしながら上ろう(c)Yu Izumi

バンコクの市内にありながら、小高い丘の上にあるためか街の騒音や車の行き交う音は聞こえず、とても静かで厳かな別世界にやってきたような気分になれます。

<DATA>
■Wat Saket(ワット・サケット/通称プーカオトーン)
住所:Baan Bat Rd, Pomprab Sattru Pai
TEL:02-223-4561
利用時間:7:00~17:30
料金:仏塔の中へ入る場合は10バーツ(約32円)
アクセス:フアランポーン駅からタクシーで約10~15分。カオサンロードから徒歩15分

 

10:00~11:00 バックパッカーの聖地カオサンロードで一休み

カオサン

通りには毎日屋台や露店が並んでいてお祭り気分を味わえる

ワット・サケットからタクシーで約5分、徒歩15分の場所にあるのがバックパッカーの聖地と呼ばれるカオサンロードのカフェへ。ここは20年以上前からゲストハウスと呼ばれる安宿や格安航空券を取り扱う小さい旅行代理店が軒を連ね、世界中のバックパッカーたちが集まる場所として知られています。ホテルに宿泊するツアー旅行ではまず訪れることのない場所。

カフェ, カオサン

オープンカフェで個性的な風貌のバックパッカーたちの様子を眺めてみるのも面白い

昔は旅行代理店や安宿ばかりでしたが、今ではカフェやお土産を扱う露店が増え、宿泊目的以外の人たちも訪れるようになりました。バックパッカーは欧米人が多いからか、とにかく通りにはオープンカフェが多いので、通りを行き交う世界中の旅行者たちを眺めながらお茶をするのも楽しいですよ。かなり個性的な風貌のバックパッカーたちも多く、見ていても飽きることはありません。

カオサンのエリア情報はこちら>>>カオサン