三島由紀夫、「暁の寺」の舞台 ワットアルン

ワットポーやエメラルド寺院の対岸に位置するため外観を眺めるだけの人も多いが、是非川を渡って寺院内に足を踏み入れてもらいたい

ワットポーやエメラルド寺院の対岸に位置するため外観を眺めるだけの人も多いが、是非川を渡って寺院内に足を踏み入れてもらいたい

現在の10バーツ硬貨にもその姿が描かれているワットアルンはワットポーエメラルド寺院に並ぶ市内の3大寺院の1つ。エメラルド寺院やワットポーの対岸、チャオプラヤ川沿いにたたずんでいます。ちなみに、ワットはタイ語で寺、そしてアルンは暁、夜明けという意味。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台ともなったことで知られています。

バンコクを代表する川、そしてそびえたつ仏塔、その目の前を行き交う船……その姿はまさにバンコクを象徴する風景だと言えるでしょう。

ワットアルンへのアクセス

ライトアップされた様子はまるでチャオプラヤ川に浮かんでいるよう

ライトアップされた様子はまるでチャオプラヤ川に浮かんでいるよう(c)タイ政府観光庁

バンコク市内側にあるワットポーやエメラルド寺院の対岸に位置しており、BTS、地下鉄の最寄り駅はありません。

ターティアンという船着き場から渡し船で対岸に渡ります。ターティアンは、BTSサパーンタクシン駅の真下にある船着き場サトーン駅(Sathorn Pier)からチャオプラヤエクスプレスボートで約15分、料金は1人15バーツ(約45円)前後。そこから渡し船で約5分で運賃は3バーツ(約15円)。

 

ワットアルンの入場料と服装

入場料50バーツ(約150円)。服装チェックはエメラルド寺院やワットポーほど厳しくありませんが、短パン、ミニスカート、タンクトップ、キャミソール、足元もビーチサンダルやミュール、サンダルでは出かけないように。タイ人にとって神聖な場所を訪れる以上は、それにふさわしい身なりで訪れてください。

ワットアルンの見どころ

本堂の前にはエメラルド寺院同様、ヤック(鬼)が入口で守っている

本堂の前にはエメラルド寺院同様、ヤック(鬼)が入口で守っている

創建についての記録は定かではありませんが、アユタヤ王朝時代にはすでにあったと記されています。その後、現王朝の前のトンブリー王朝時代は、ここが王室寺院とされていました。その後バンコク王朝となり王室寺院ではなくなりましたが、ラーマ2世からは特別な保護を受け増築され今の姿になったと言われています。

■仏塔
敷地内には5基の仏塔があり、一番大きな仏塔(大仏塔)の高さは75メートル、台座の周りは234メートルもあります。また、ヒンドゥー教の影響を受けて建てられているため、上部にはヒンドゥー教のエラワンという象が、その上には座っているインドラという神様の像が鎮座しています。他の4つの仏塔はこの大きな仏塔の周囲を囲むように建てられています。

■本堂
この本堂はラーマ2世の頃に建てられたもの。回廊に並ぶ仏像は120体もあり、その前には中国の影響を受けた石像は144体も並んでいます。本尊の台座の下にはラーマ2世の遺骨が納められています。

<DATA>
■Wat Arun(ワットアルン)
住所:34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok
TEL:02-465-5640
開館時間:7:00~18:00
アクセス:BTS、地下鉄の最寄り駅はなし。ワットポーの近くのティアン船着場から渡し船で5分。船着場ワットアルンを降りてすぐ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。