AQUOS PHONE ss 205SH 本体チェック

AQUOS PHONE ss 205SHは、昨今の5インチ超スマートフォンと比べると二回りは小さく見える4.0インチ液晶機種だ。小型機種といっても4.3インチクラスが多い中、4.0インチというのはかなり小型の部類に入る。たしかに画面が小さいが、そのぶん持ちやすく、ポケットなどの収納も手軽にできる。このサイズなら電車でうっかり手からこぼれて紛失といったケースも少ないだろう。
5インチ超スマートフォンと比べると二回りは小さく見えるAQUOS PHONE ss 205SH

5インチ超スマートフォンと比べると二回りは小さく見えるAQUOS PHONE ss 205SH



前面

四隅のカーブも大きく優しいデザインとなっている。メニューキーはタッチ式で左から戻る、ホーム、メニュー、タスクキーが割り当てられている。
コーナーが丸いAQUOS PHONE ss

コーナーが丸いAQUOS PHONE ss


その下には、左側にタッチ式の音量上下キー、ハードキーのクイック起動キーがある。クイック起動キーは、サスペンド時は本体の起動、起動中は、短押しでカメラ、長押しでメールを起動することができる。

音量ボタンがタッチ式となっている点は、賛否が分かれるところだ。通常の操作では不用意に触れて音量が変化したり、電源キー+音量下キーでの画面保存が難しいなど、慣れが必要だ。
タッチ式の音量上下キーはボタンレスだが誤操作も増えるかも

タッチ式の音量上下キーはボタンレスだが誤操作も増えるかも



上面

中央に電源ボタン、右にSIMスロット、左にヘッドフォン端子を備える。
SIMスロット、電源ボタン、ヘッドフォン端子を備える上面

SIMスロット、電源ボタン、ヘッドフォン端子を備える上面


右側面

側面はボタンレスとなっている。
側面はボタンレスとなっている。

側面はボタンレスとなっている。



左側面

側面はボタンレスとなっている。
側面はボタンレスとなっている。

側面はボタンレスとなっている。


底面

底面はmicroUSB端子を備える。
底面はmicroUSB端子を備える。

底面はmicroUSB端子を備える。



背面

上部に約1310万画素カメラを備える。やや突起しており、LEDライトはカメラ右に配置される。背面の形状は外郭側からのラウンドが大きめで手のひらに馴染みやすい。また、半光沢でサラサラの質感とジャストサイズに加え、側面のボタン類も廃止されて指を回してしっかりホールドできる。
もちやすいサラサラボディ

もちやすいサラサラボディ


AQUOS PHONE ss 205SHは、内蔵バッテリー式で裏蓋は固定式なので、バッテリー交換はキャリアやメーカーに依頼する方式だ。


次のページでは、AQUOS PHONE ss 205SHの使用感をレポートしよう