旅行に持っていくことが多いコンパクトデジカメには、いろんな撮影モードが搭載されています。その中でも使ってみたいのがパノラマ撮影機能。パノラマ機能を使うと手軽に広範囲を一枚の写真に収めることができます。まさに旅の風景写真を撮るにはうってつけの機能。

今回は、旅に効果的に使うパノラマ撮影をご紹介します。

パノラマ撮影機能を選んで撮ってみよう


パノラマ撮影

カシオ、エクシリムの「スライドパノラマ」モードの解説表記。パノラマ機能を持つ機種は多い。


パノラマ撮影

パノラマ撮影時の液晶画面。左から右へカメラをスライドさせるようにガイド表記が出て来る。上手く水平に動かさないとNGになることも。


現行発売されているコンパクトデジカメ(以下、コンデジ)には、様々な撮影モードが搭載されています。撮影モードをシーンモードなどに設定し、その中に風景モード、花火モード、スポーツシーンモードなど被写体や場面に応じて撮影設定を自動的に行ってくれるモードが多数設定されています。

このシーンモードは、通常はプログラムモードですべてカメラ任せで撮影していても特殊な場面、例えば夕日がきれいに見えている風景では、夕日モードを選び設定して撮影するとより夕日のオレンジ光線がきれいに写せるというようにシーンごとに効果的な撮影が出来るように作られています。

最近ではこのシーンモードの中にパノラマ撮影というモードが入っている機種も多くあります。パノラマ機能が入っているかは機種により異なりますので、お手元のコンデジのシーンモードから探してもらうか、取り扱い説明書などで確認してみてください。

お持ちのコンデジにパノラマ機能があれば、ぜひ一度試してみてください。案外、シーンモードの種類をすべて把握してなくて使ったことがないという方が少なくないようです。

パノラマ機能の使い方は簡単です。シーンモードの中からパノラマ機能を選び設定。あとはガイド表記されるまま撮影をするだけで完了です。

一例としてカシオのエクシリムを使い説明します。シーンモードはメーカーや機種により名称が異なることがあり、カシオのこの機種ではシーンモードは「BS」と表記されたベストショットが相当します。コマンドダイヤル等を「BS」に合わせると様々なシーンモードを選択可能になります。

エクシリムでは、「スライドパノラマ」と表記されているモードがパノラマ撮影機能です。これを選べば設定完了。

撮影方法は、レンズを被写体に向けて左から右にスライドさせるだけです。スライド方向は液晶画面に表記されます。撮影スタート場所にシャッターを押して、あとは水平にカメラをスライドさせて終点でもう一度シャッターを押せば完了です。

このときに気をつけたいのがカメラのスライド。カメラ本体が上下に動かしてしまうと「撮影できません」という表記が出て撮れません。またカメラ本体も垂直に近い状態で持って構えたほうが撮りやすくなるようです。

まずはパノラマ機能に設定して身近な風景を撮ってみてください。

次のページでは、効果的なパノラマ風景写真を撮るポイントをご紹介!