外壁塗装リフォームでの、塗料選びの最新事情をお届けします。モルタル壁の塗装と言うと、10年おきにやらなくてはいけないもの、というイメージでしたが、最近は事情が変わってきています。そこで建築用塗料の老舗メーカーであるエスケー化研の担当の方に、塗料のアレコレについてお伺いしました。

外壁塗装リフォームでの売れ筋!
アクリルシリコン樹脂系塗料の寿命は12年~15年

以前は10年ごとに塗り替えていた外壁も、今ではもう少し間隔が伸びている。

以前は10年ごとに塗り替えていた外壁も、今ではもう少し間隔が伸びている。

外壁塗装リフォームでの売れ筋塗料と言えば、アクリルシリコン樹脂系塗料です。従来のアクリル樹脂系塗料などに比べて耐久性が高く、寿命は12年~15年。

コストパフォーマンスに優れた塗料で、多くの塗り替えの現場で使われています。

10年ほど前からアクリルシリコン樹脂系塗料を使う家が増え、それまでは10年ごとに塗り替えていた外壁も、今ではもう少し間隔が伸びています。

外壁のモルタルの塗り替えに使われる塗料は、大きく分けて次の4種類です。
●フッ素樹脂塗料>アクリルシリコン樹脂塗料>ウレタン樹脂塗料>アクリル樹脂塗料

耐久性に最も優れているのがフッ素樹脂塗料で、寿命は15年~20年程度あります。売れ筋のアクリルシリコン樹脂系塗料は上から2番目、塗料の値段で比較すると、フッ素樹脂塗料はアクリルシリコン樹脂塗料の約2~3倍します。

しかし外壁塗装は、足場、水洗い、下地処理などの費用が掛かります。そこで全体の塗り替え費用で比較をしてみると、アクリルシリコン樹脂塗料を使うと100万円程度の場合、フッ素樹脂塗料を使うと130万円前後(※)になります(※おおよその目安です)。

 

最近売れ行きが伸びているのは、外壁の元のデザインを損なわない塗料

最近売れ行きが伸びている外壁の塗り替え用の塗料は、元のデザインを損なわないタイプの塗料です。もともと美しいコテ模様や砂壁調の外壁でも、塗り替えてしまうと、上から塗料が乗るので全体的にのっぺりとした印象になってしまうことも少なくありませんでした。

外壁の下地のパターンを埋めないので、元のパターンや質感を維持したまま塗装できる塗料。 (アートフレッシュ/エスケー化研)

外壁の下地のパターンを埋めないので、元のパターンや質感を維持したまま塗装できる塗料。 (アートフレッシュ/エスケー化研


上の写真は、下地のパターンを埋めず元のパターンや素材感を残した仕上げができるセラミックシリコン樹脂系と呼ばれる塗料です。これはアクリルシリコン樹脂+セラミックの塗料で、元のパターンを生かしたまま塗り替えをしたい場合に向いています。

セラミックシリコン樹脂系塗料アートフレッシュで外壁を塗り替えた家。元の砂壁調の質感そのままに仕上がっている。

セラミックシリコン樹脂系塗料アートフレッシュで外壁を塗り替えた家。元の砂壁調の質感そのままに仕上がっている。


次のページは、今注目の塗料! 維持管理+省エネ性能アップが同時にできる塗料、外壁に絡む木部や鉄部の塗装のコレカラについてです。