野外で写真撮影しているときに困るのが雨が降ってきたとき。降雨の状況下で撮影を続けてしまうとデジタルカメラが浸水して故障につながることもあり泣く泣く撮影を中止することもよくあります。しかし、せっかく訪れたシャッターチャンスを雨に邪魔はされたくないものです。

そこで旅先や野外で撮影しているときの不意の雨でも撮影ができる方法をご紹介します。


ビニール袋があれば雨の中でも撮影続行可能

雨の日の撮影

ビニール袋に穴を開けてカメラを入れれば応急的なレインカバーを作れます。レンズ先を輪ゴムで留めるのがポイント。


雨の日の撮影

透明ビニールであればそのまま液晶画面を覗けます。色の付いた袋は中を覗くように画面を見て撮影します。


撮影するリズムも出てきて楽しくなってきたところに空の天候が怪しくなり、ついには雨が降ってきた。通常ならデジカメを濡らしては大変とバッグに仕舞い、撮影は中断するところ。しかし、旅行中など撮影する時間が限られている場面では、そうやすやすと諦められない、そんなときにはビニール袋一枚あれば撮影を続けることが可能です。

必要な物は、カメラがすっぽりと入るサイズのビニール袋と輪ゴム。ビニール袋は、レジ袋でも応用は可能。

このビニール袋の底の部分に穴を開け、カメラを袋の中に入れレンズの先の部分を出します。レンズの先端と、ビニール袋に開けた穴の箇所を輪ゴムで留めます。できるだけすき間がないように輪ゴムで取り付けます。これで応急処置は完了。カメラ本体はビニール袋に覆われているので少しの雨であれば防いでくれます。

一眼タイプのデジカメはレンズの長さがあるので取り付けやすいですが、コンパクトデジカメは機種によってはレンズ先に取り付けにくい場合もあります。レンズフードがついているものは、フードを取り付けることでレンズ表面への水滴がつくことを軽減できます。

レンズが前に繰り出さないタイプのコンデジは、ビニール袋に空けた穴から覗くように撮影すれば対応可能です。

このビニール袋を使っての応急処置方法で、小雨程度の状況下であればカメラ本体を濡らさずに撮影は可能です。ただ、レンズ先は濡れやすく浸水しますので、水滴がついた場合はタオルなどで拭き取ります。

カメラ専用のレインカバーもカメラ店で売られています。これはこのビニール袋の取り付け方と同じくレンズ先に取り付け穴がありビニールでカメラ本体を覆って使うというもの。一眼タイプ用に発売されています。また、コンデジ用に簡易タイプの防水用ビニールパックというものもあります。撮影地の降雨が予報されている場合は、事前にこれら専用のグッズを用意しておくのもお勧めです。

ここで紹介しているものはあくまで応急処置としての方法で、豪雨のときなどは対処しきれません。また試用されるときは、自己責任の下で行ってください。


防水タイプカメラは雨なんて問題なし

雨の日の撮影

防水タイプのコンデジは、雨が降ってもそのまま撮影を続行可能。まさに雨の日用のカメラとも言えるかも。


通常のカメラでは雨など水濡れは大敵ですが、水に強いカメラを使えば雨の中の撮影でも平気です。そこで注目したいのが防水タイプのコンデジ。防水タイプと聞くと水中撮影などアウトドア専用に使うカメラという認識を持たれるかもしれませんが、通常に使うカメラとして使うという選択肢も有りです。

防水タイプのコンデジは、そのまま水中で撮影が出来るわけですから、降雨の中でも撮影は続行可能。天候不問のデジタルカメラです。防水タイプのコンデジは、衝撃にも強いものが多く、GPS機能を搭載している機種などもあり旅行に持っていくカメラとしては最適。

雨が降りボディが水浸しになってもレンズ先の水滴さえ拭えば撮影し続けられます。雨の中でのシャッターチャンスを逃しません。

また水中に潜ることはなくても防水タイプのカメラは日常でも活躍する場面は多いです。水周りに強いということは、濡れた手でもカメラの操作ができるということ。例えばキッチンで料理をしながらレシピ写真を撮るときなどは濡れた手でもカメラを使うことが出来ます。水に強いカメラは日常でも撮影できる範囲が広がります。

一眼タイプでは、防塵・防滴性能を持つ機種であれば多少の雨からの浸水は防いでくれます。一眼タイプの場合は、防塵・防滴性能がボディだけでなくレンズも対応になっているか確認して使うことがポイント。


雨のシーンはシャッターチャンスが多い!?

雨の日の撮影

雨の日は日常にはないシャッターチャンスがあちらこちらに生まれます。


雨が降り始めるとこれは困ったと人々は傘を広げたり雨宿りをしたりとそれぞれに対処し始めます。これは見方を変えると天候によって状況が一変させられたシーン。一般の方にとってはやっかいな雨降りも撮影側にしてみるとシャッターチャンスが生まれる場面ととらえることができます。

雨が降ると人は傘をさし、足早に動き、地面は濡れ、ベンチには水溜りが出来る、どれをとっても新たな被写体として使えるものばかりです。

雨が降っても撮影できる準備をしておけば、「雨の日限定」のシャッターチャンスを狙うことが出来ます。日頃からカメラ用のレインカバーを持参するか防水タイプのデジカメを持ち歩くようにするという対応があってもいいでしょう。

雨の日だから撮れる作品をぜひ撮ってみてはいかがでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。