年齢を問わず楽しめる短歌・俳句作り
小学校高学年になると、国語の授業で俳句や短歌を作る機会があります。しかし、それまで俳句や短歌に馴染みのなかったお子様には、何をどう作ったらいいのか、どういったものが良い作品なのか、分かりにくいものです。俳句や短歌作りのルール、有名な歌人の作品、作品の投稿先などをインターネットで調べ、自分らしい作品を作ってみましょう。
 

俳句・短歌作りに役立つサイト集

俳句や短歌のルールを覚えよう

俳句のくに・三重 こども俳句教室

俳句のくに・三重 こども俳句教室

俳句と短歌の違いや作る際のルールを解説してくれるサイトから見て行きましょう。

俳句のくに・三重のキッズ向けサイトこども俳句教室には、俳句のルールが簡潔に分かりやすくまとめられています。

日本俳句研究会 俳句の作り方には、俳句と川柳の違いについて、解説とポイントがまとめられています。大人向けに書かれていますが、小学校高学年以上のお子様ならひとりで読むことができるでしょう。

群馬県立 土屋文明記念文化館の「小学生の短歌教室副読本」は、短歌のルール、面白い短歌を作るコツ、有名な歌人の作品解説などがPDF2ページに分かりやすくまとめられています。

現代俳句協会による季語検索には、季節ごとの季語、新年の季語などがまとめられており、季語をクリックすると、その季語を使った俳句と作者名を調べることもできます。

 

有名な短歌・俳句を詠んでみよう
若山牧水公式サイト 牧水キッズ

若山牧水公式サイト 牧水キッズ


がんばれ中学受験生!覚えておきたい有名な俳句・短歌には、試験に出題されやすい有名な歌人の俳句・短歌が解説つきで紹介されています。

松尾芭蕉公式サイト若山牧水公式サイトには、歌人の生い立ちやいくつかの作品が子供向けに分かりやすくまとめています。

 

自分の作品を投稿してみよう
斎藤茂吉ジュニア短歌コンクール

斎藤茂吉ジュニア短歌コンクール


一茶記念館では、小・中学生対象の全国小中学生俳句大会で俳句を募集しています。

斎藤茂吉記念館には、小・中・高校生対象の斎藤茂吉ジュニア短歌コンクールの案内があり、コンクールで最優秀作品に選ばれた短歌も掲載されています。

このほか、新聞や雑誌で、小中学生を対象に俳句・短歌の投稿を募集している場合があります。ご家庭で購読されている新聞をチェックしてみてください。

 

いかがでしたか? 俳句や短歌は、作り方のルールを覚えてしまえば、授業で取り組むよりもずっと前から楽しむことができます。難しく考えず、言葉を使ったゲームという感覚で、ご家族で取り組まれてみてはいかがでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。