使い勝手のよいポイントが貯まるネット銀行

最近では「銀行」と聞いて、ネット銀行を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。コンビニATMなどでの入出金手数料が無料振込手数料も安く好金利なネット銀行。普通預金でも都市銀行の2倍以上の金利がつくネット銀行もあります。その上にポイントが貯まるのであれば、利用しない手はありません。

ここでは、通常取引でポイントが貯められ、日常生活で貯めたポイントを使いやすいネット銀行4行(セブン銀行、イオン銀行、楽天銀行、スルガ銀行ANA支店)に焦点を当ててみました。

どんな取引をすればポイントが貯まるの?

ポイントが貯まる取引は、皆さんが日常生活でよく利用する通常取引です。例えば、給与振込振込入出金各種振替等です。銀行を利用している方のほとんどがこのような取引をしていることでしょう。月の利用回数に上限を設定している場合もありますが、1件につき○ポイントというようにポイントが付与されます。

貯まるポイントは?

各行で貯められるポイントは、以下のポイントです。
  • セブン銀行 : nanacoポイント
  • イオン銀行 : WAONポイント
  • 楽天銀行 : 楽天スーパーポイント
  • スルガ銀行ANA支店 : ANAマイル
nanacoポイントであれば1ポイント=1円、WAONポイントなら100ポイント=100円からnanacoやWAONにチャージして利用できますし、楽天スーパーポイントはショッピングや旅行などに利用でき、使いやすいポイントです。ANAマイルは無料で飛行機にのることができるために、おトクなポイントですね。これらの人気のポイントを銀行取引だけで貯めることができるのです。

どのくらい貯まるの?

では、セブン銀行を例に、1カ月に貯まるポイントをシミュレーションしてみましょう。
  • 給与振込(2万円以上)1件 : 10ポイント
  • 固定電話・携帯料金振替各1件 : (2件で)20ポイント
  • クレジットカード利用料金振替1件 : 10ポイント
  • 保険会社保険料振替1件 : 10ポイント
このような、決して特別ではなく、日常生活に身近な取引で、1カ月に50ポイント(5000円分の買い物に相当するポイント)が貯まることになります。年間では600ポイント(6万円の買い物に相当するポイント)になります。はじめに振り替えの申し込みはするものの、特別なことをするわけでもなく、毎月これだけのポイントが貯まるのはおトクです。他に振込入出金があったり、セブンネットショッピングを利用しネット決済すれば、これ以上にポイントが貯められます。

なお、イオン銀行、楽天銀行に関しては、保有資産額や取引額により「ステージ」が判定され、ステージが上がるほど、付与されるポイントも高くなります。ステージを上げるための無理な取り引きはおすすめできませんが、ポイントを貯める楽しみは高まります。

(各行の取引ポイントはこちらで)
セブン銀行 | イオン銀行 | 楽天銀行 | スルガ銀行ANA支店 

使いやすいポイントを提供しているネット銀行を選ぼう!

ポイントが付与される取り引きは各行で異なります。まずは、現時点で自分が利用している取引がポイント対象になるのか確認しましょう。オークションを多く利用する、定期預金をしている、投資をしている、ローンを組んでいる……行動パターンは各人違います。

また、セブン銀行のnanaco、イオン銀行のWAON。日常利用する実店舗ではどちらのポイントが貯まりやすいでしょうか。銀行取引で貯まるポイントもさることながら、実店舗で付与されるポイントも合わせて貯められることが理想的です。

今回取り上げた4行以外にも、ポイントが貯まる銀行はあります。ただし、ポイントが付与されるからよいのではなく、付与されるポイントが使いやすいかどうかを確認してみましょう。銀行のサービスにしか使えないポイントもあります。使いやすいポイントを提供し、自分の生活スタイルに合うネット銀行を選びましょう。

【関連記事をチェック!】
タブレット端末「T-UNIT 3」でTポイント提携店が拡大
超・高還元率2%!リクルートカードプラスが登場
おサイフケータイでポイントカードを断捨離!


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。