「箱根湯寮」を体験レポート!

2013年3月27日にニューオープンした話題の日帰り温泉「箱根湯寮」。オープン当初より、「大人のための癒し空間」といった感じで、ガイドお気に入りの日帰り温泉なのですが、実際に体験した様子をリポートします。

オープンから3年余りが経ち、食事処のメニューがさらにバージョンアップしたので、そちらも合わせてチェック!
 

築100余年の古民家材を利用した「里山温泉」

全景

周囲の自然に溶け込む全景

門

趣のある門をくぐって館内へ

箱根湯本駅から送迎バスで約3分、緩やかな坂道を上り切った高台に木立に覆われてひっそりと佇みます。帳場や土産庵のある母屋を中心に、右手に大浴場である「本殿 湯楽庵 大湯」、左手に貸切個室露天風呂「離れ湯屋 花伝」が広がる、ふたつのエリアからなる造り。貸切個室露天風呂は、なんと首都圏最大級の19室もあるという贅沢さ! こうした日帰り温泉は、箱根はもちろん首都圏でも大変希少なので、期待感が高まります。
 
帳場

まずは帳場で受付を済ませましょう

まずは、帳場で受付を済ませましょう。帳場や土産庵、食事処のある母屋は、築100余年の神戸の古民家材を利用したもの。高い天井には太い梁が渡り、明治~大正時代の水屋箪笥や庄内箪笥、古道具などが配され、里山のひなびた温泉を訪れたような気分にさせてくれます。

 

緩やかな斜面に配された緑陰の露天風呂

壺風呂

信楽焼の壺風呂

まずは帳場から右手、中庭を眺めつつ大浴場「本殿 湯楽庵 大湯」へ。男女ともに168個のロッカーがあり、混雑しても不足する心配なし。内湯の奥には、広々とした露天エリアに6つの露天風呂が点在します。緩やかな斜面に沿って配されることや植栽が多いことから、他人の目をあまり気にすることなくゆったりと過ごせます。
 

なかでもガイドのイチオシが「見晴湯」。最奥にある「見晴湯」は生い茂る木々の隙間から遠く函嶺洞門が見晴らせる絶景露天。木々を渡る風が心地よく、いつまでも浸かっていたくなる気持ちよさ。3本の自家源泉から豊富に湧出する、肌当たり柔らかな泉質のアルカリ性単純温泉です。
見晴らし湯

森林浴の楽しめる女性用見晴湯

 
大浴場には男女別に「熱ノ室」というサウナがあり、ロウリュウサービスを受けられます。熱せられたサウナストーンにアロマ水をかけ、マイナスイオンを含んだ大量の蒸気をスタッフが団扇で扇ぎ、一人一人に当ててくれます。すると最高温度が100度位にまでなり、背中から顔から滝のように汗が噴き出てきて驚き! 汗とともに体内の老廃物が流れ出るのでデトックス効果も抜群です。
女性用露天

女性用露天風呂には岩風呂も

休息房

「休息房」のひとり用スペース

湯上がりには「休息房」でゆっくり体を休めたいもの。男女共用の畳スペースにはマットが敷かれ、40名ほど利用可能。一部に横穴式住居のような一人でこもって静かに横になれるスペースも。女子専用の畳敷きスペースもあるのが嬉しいですね。さらにリクライニングチェア14台が用意された男女共用の「うたたね房」もあります。