有名ブランドの旗艦店が集結!

2013年4月4日(木)、長らく工事に入っていたハナエ・モリビルの跡地に、新しいビル『オーク表参道』がオープンしました。

地下2階、地上9階のオーク表参道の商業施設部分は地上1階と2階。注目の出店ブランドは『エンポリオ アルマーニ』『コーチ』『ネスプレッソブティック』『スリードッツ』で、これらは全て1階と2階、2フロアにまたがった店舗展開となります。そして2階に料亭・金田中の新店舗『茶洒 金田中』と、オーダーメイドジュエリーの店『ケイ・ウノ』がオープンします。

それでは店舗ごとの見どころをご紹介しましょう。

■エンポリオ アルマーニ 青山
エンポリオアルマーニ青山外観

巨大なイーグルマークが目を引く『エンポリオ アルマーニ 青山』。広い店舗でなければできない演出です

表参道に面し、ブランドのシンボルであるイーグルマークが大きく華やかに輝く旗艦店です。これまでアルマーニのお店というと黒などを多用したシックな内装のイメージでしたが、この店舗は床と天井がライトグレーで統一され外からの採光にもこだわるなど、爽やかで明るいイメージ。1階はレディスのウエア・アクセサリー、2階にはメンズのウエア・アクセサリー、スポーツウェアが並び、国内最大の品揃えを誇ります。さらに1階には日本初となる『エンポリオ アルマーニ カフェ』がオープン。ジョルジオ・アルマーニ氏がプロデュースするイタリアンスタイルのカフェで、季節によって変わる25種類のコーヒーや、パニーニなどを楽しめます。

■コーチ表参道
コーチ表参道

『コーチ表参道』。キュートな男性用商品も多く、女子が持ちたくなるようなバッグがいっぱい!

女性に人気のブランドというイメージが強いコーチの日本における9番目の旗艦店は、男性と女性が一緒に楽しめる「デュアルジェンダーストア」なのが一番の特徴。1階がレディス、2階はメンズというフロア構成で、男性用のバッグや革小物などの品揃えも、女性用に負けず充実しています。

■ネスプレッソブティック 表参道店
ネスプレッソブティック1階

16種類のコーヒーの中から自分好みの味をゆっくり探せる1階

手軽に本格的なエスプレッソを楽しめるマシンを扱うメーカー・ネスプレッソの、東京初の路面店。1階ではネスプレッソ製品の販売と試飲。2階はネスプレッソクラブ(コーヒーメーカーを購入すると加入できる)メンバーを対象としたセミナールームとなっており、実際にマシンを動かしネスプレッソを飲みながら、製品をより深く楽しむためのレクチャーを受けられます。また1階には表参道店でしか手に入らない商品も。出張や旅先でもネスプレッソを楽しみたい人向け、マシンを持ち運ぶための専用キャリーバッグ(9345円)は、日本でここだけの限定品です。

■スリードッツ青山店
スリードッツの子供服

日本未上陸だったキッズラインも到着!

ロサンゼルス発、ハリウッドセレブにも人気のカットソーブランド・three dots(スリードッツ)の、ブランドイメージ、世界観が味わえる店舗です。ロスに住むセレブの邸宅をイメージしたという内装は、天井が高く居心地のいいシンプルモダン。そして上品だけれどリラックスできそうなカットソー、ワンピース、カーディガンなど、背景にカリフォルニアの海が似合いそうなファッションアイテムがずらりと並んでいます。青山店のみの限定商品や、日本初上陸のキッズライン・three little dotsにも注目です。

■茶酒 金田中
茶酒 金田中の店内

店内はオーク表参道のエントランスアートを手がけた杉本博司氏のデザイン

新橋に本店を構える料亭・金田中が運営するカフェ。カフェといっても本店と同じ出汁を使い、厳しい料理人の目で素材を吟味。盛り付けなどの演出をカジュアルにしているだけなので、金田中の味を表参道で味わえます。ランチは2800円、ディナーは5000円から。玉露や雁ヶ音茶などの高級茶を正しくいれ、最高の味で出す和のカフェメニューも見逃せません。

■ケイ・ウノ表参道(4月27日(土)オープン)
全国に25店舗展開するジュエリーのオーダーメイドブランド。

外観はケヤキ並木や近隣建物との調和を試みたというオーク表参道は、透明感のある建物。日本を代表するブランドストリートに、また一つ名所ビルがお目見えです。

<DATA>
oak omotesando(オーク表参道)
住所:東京都港区北青山3-6-1
営業時間:店舗によって異なる
定休日:不定休
アクセス:東京メトロ『表参道』駅に直結

※上記データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。