母乳に近い感覚で飲めるよう研究されたデザイン

 

 

妊娠中、嬉しくて先走り気味に揃えていたベビーグッズの一つに、哺乳瓶もありました。見た目の可愛さで他の哺乳瓶を購入し、赤ちゃんがゴクゴクと飲む姿を想像していましたが、いざ使ってみるとギャンギャン泣いて全く飲もうとしませんでした……。

そこで、この「母乳実感」に変えてみたところ、すんなりと飲むように!母乳実感は、赤ちゃんのおっぱいの飲み方を研究して作った乳首で、赤ちゃんがスムーズに口に入れられるそう。柔らかいシリコンゴム製で、ぴったりと唇に密着するので、赤ちゃんも母乳に近い感覚で飲めているような気がします。

今までのイヤイヤは何だったの?と思うほど、グビグビと凄い勢いで飲むようになりました。おかげで、母乳とミルクを併用して育児できるように。

ガラス製とプラスチック製がありますが、私はプラスチック製を使用しています。持ち運びに便利ですし、落として割れることもありません。また軽いので、我が子も3カ月頃から自分で哺乳瓶を持ってミルクを飲むようになりました。

口が広いので、ミルクも作りやすく、使用後は洗いやすい。シンプルな形なので、パパやおじいちゃんおばあちゃんでも使いやすく、子どもを預ける際にも重宝しています。

6カ月頃から一度に飲む量が増え、ワンサイズ上の240mlを買い足しました。

また、同じピジョンから出ている「ベビーリズム搾乳機」にも、この哺乳瓶(160ml)が付いています。搾乳したら、そのまま哺乳瓶として使うことができ、とても便利ですよ。

お子さんが哺乳瓶を嫌がっている方、是非一度お試し下さい!

■母乳実感 哺乳びん(プラスチック製)
価格:160ml/1575円 240ml/1680円
メーカー:ピジョン
公式サイト:http://pigeon.info/products/category/index-21.html

※データは記事公開時点の情報です


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でベビー用品を見る

Amazonでベビー用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。