美しいハンガリーの首都ブダペスト
ブダペスト市内半日観光ツアー

漁夫の砦

漁夫の砦

ハンガリーの首都ブダペストは、「ドナウの薔薇」とたたえられる美しい都市です。ゆったりと流れるドナウ川を境に、歴史の古い西のブダ地区と、比較的歴史が浅い経済の中心地、東のペスト地区に分かれています。

このツアーは、両地区の見どころを午前中の3時間でめぐります。集合は、ペスト地区にあるブダペスト最大の大聖堂、聖イシュトバン大聖堂。そこからマーチャーシュ教会へ行き、内部を見学します。ここは歴代の王が戴冠式を行ったことから、「戴冠教会」の別名があるそうです。15世紀にブダがオスマン・トルコに占領されていた時代には、この教会もモスクに改築されてしまいました。17世紀には再びキリスト教の教会となりましたが、モスク時代の名残は柱などの模様に見られます。

その後、ネオ・ロマネスク様式の回廊と尖塔からなる漁夫の砦へ。19世紀、市民群が王宮を守ったときに、漁師たちがここを守っていたためこの名があるそうです。

続いて、ゲレルトの丘からブダペスト市内を一望にしたあと、両地区を結ぶ有名な吊り橋の「くさり橋」を渡り、ペスト地区に向かいます。ペスト地区では、国会議事堂、英雄広場、オペラ座、アンドラーシ通りを車窓から見学。最後は再び聖イシュトバン大聖堂に戻り、お昼に解散となります。

英語が通じにくいハンガリーにあって、この日本語ガイドつきツアーは、ブダペストの概要をつかむ上でもとても心強い存在です。

■取扱会社:ネットトラベルサービス(ブダペスト支店)
URL:http://www.alan1.net/jp/europe/hungary/sg/2410/ag/10565/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。