世界飯店(大塚)のやわらかな豚バラ肉を使ったご飯

undefined

 

JR大塚駅からすぐのところのある中華料理店で、特別な時に行くというよりは、普段づかいしたくなるような庶民的なお店。飴色にパリッと焼き上げた香り高い骨付き鴨肉を、ごはんの上に豪快に盛りつけた“焼鴨飯(焼カモご飯)”や、トウチで味つけしたスペアリブをのせた“鼓汁飯(スペアリブの黒豆入りご飯)”など、特にごはんものが充実しています。

その中で最もおすすめしたいのが、手間暇かけて作られている豚バラ使用の“扣肉飯(豚バラ肉かけご飯)”です。豚バラ肉は、思わず目を瞑ってしまうほどのやわらかさ。まるで自分の歯が切れ味鋭い刃物にでもなったかのような、そんな錯覚さえも憶えてしまいます。飲み込むというよりは、肉自らが喉の奥へと吸い込まれていく感覚。喉元をやさしく愛撫しながら通過していくので、とても心地よい喉越しですね。これも、バラ肉ひとつに茹でる、冷やす、漬け込む、揚げる、蒸す、炒めるetc……、あらゆる工程を駆使しているからこそ実感できるものであり、値段以上の満足感を約束できます。

しかもバラ肉自身は、豊満な旨みは感じさせても、脂のしつこさは全く感じさせません。醤油やオイスターソースのやさしい風味に包まれた、実にキレイなテイストです。にんにくの香りが味に膨らみを与え、キレのある八角の風味が、味の輪郭をくっきりと浮かび上がらせる役目を果たしています。何も考えずに、思いっきり頬張りたい一品ですね。

■世界飯店
住所:東京都豊島区北大塚2-14-8 日米ビル 1F
TEL;03-3918-1918
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。