新政権による金融緩和政策への期待から日本の株式市場は上昇を続け、日経平均株価は1万4000円を間近の水準にまで上昇し、株式市場はいつにない盛り上がりを見せています。その様子を見て、株式投資に興味を持ち始めた人も多いかもしれません。

株式投資の魅力として、個人投資家から人気が高いのが「株主優待」と「配当」です。どちらかを受け取ってもお得になるわけですが、優待と配当をでダブルでもらうことでより高利回りにすることが可能です。

そこで、今から購入しても間に合う6月が権利確定の3銘柄を探し、株価チャートで買い時を考えてみました。(2013年4月25日現在)

6月に権利確定できる高利回りおススメ3銘柄

  • 三光マーケティングフーズ(2762)
  • スタジオアリス(2305) 
  • グリーンランドリゾート(9656)
 

三光マーケティングフーズ(2762)

・業務内容:低価格居酒屋「金の蔵Jr.」「東京チカラめし」等を展開。
・最低購入金額:10万5000円程度
・単元株数:1株
・権利確定月:6月末、12月末
・配当利回り:1株1600円1.54%
・実質利回り:732%(3000円分を年2回受取換算)
・優待内容:優待券(精米と引換可)
1株 3000円分(1000円券×3枚)または精米1kg
2株以上 6000円分(1000円券×6枚)または精米3kg
5株以上 1万2000円分(1000円券×12枚)または精米5kg

スタジオアリス(2305)

・業務内容:子供写真館最大手。
・最低購入金額:15万円程度
・単元株数:100株
・権利確定月:6月末
・配当利回り:1株45.00円 3.01%
・実質利回り:8.72%(四切8500円換算)
・優待内容: 株主写真撮影券(来店時持参で四切サイズ1枚フレーム付)が無料。
100株以上 株主写真撮影券1枚
500株以上 株主写真撮影券2枚
1000株以上 株主写真撮影券3枚
1万株以上 株主写真撮影券10枚

グリーンランドリゾート(9656)

・業務内容:九州等で遊園地、ホテル、ゴルフ場を経営。
・最低購入金額:3万4000円程度
・単元株数:100株
・権利確定月:6月末、12月末
・配当利回り:1株6円1.78%
・実質利回り:20.71%(大人入園券1600円2枚年2回受け取り換算)
・優待内容:施設利用券(年2回発行・内容が多岐にわたるので詳細はホームページ参照。100株のみ掲載)
100株以上 2枚(グリーンランド遊園地及び北海道グリーンランド遊園地無料入園券、ホワイトパーク(スキー場)4時間リフト券、いわみざわ公園パークゴルフ場ローズパーク無料利用券、北村温泉ホテル無料入浴券、村温泉ホテルホテル無料宿泊券)

チャートで買い時を分析

今回は、子供写真館最大手を展開しているスタジオアリス(2305)の買い時、売り時を株価チャートを使って分析してみましょう。過去2年間の株価チャートです。

チャート

スタジオアリスチャート。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり


左から、囲みは権利確定の2011年6月、2012年6月です。株価チャートを見る限り、「優待+配当」の権利確定に向けて権利確定月は株価が上昇するともしないとも言えるでしょう。

ただ、2012年は春に高値をつけて以降、じりじりと株価が下落していましたが、2012年末からはアベノミクス効果で株式市場が盛り上がるにつれ、株価は上昇基調にあります。

また、下の株価チャートを見る限り、2012年春につけた高値を上に抜ける(=レンジを上にブレイク)していることがわかります。線を引いて囲みがある部分です。株価がそれまでの高値を上に抜けるということは、非常に強い勢いであることの証です。

チャート

スタジオアリスチャート。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり


「優待+配当」を狙って購入を検討している場合、このよう時は株価がどんどん上昇してしまうこともあります。安いタイミングで早めに購入して、権利確定まで保有するというスタンスがいいかもしれません。

一般的には、権利確定を過ぎてしまうと、株価は値下がりする傾向にありますので、儲けが出ているうちに利益を確定するという売買戦略を立てていくことが大切になるでしょう。

とは言え、日本の株式市場は現在、アベノミクスによる恩恵を受けて、数年に一度と言われるほどの盛り上がりを見せていますので、権利確定後も株価が上昇する場合もなきにしもあらずです。その時々の相場環境に応じて売買戦略を立てていくことも必要だと言えるでしょう。

【関連記事をチェック!】
オークションでの売買を活用した株主優待投資法
株主優待投資の鉄則、簡単にできる株価水準の判断方法

◎チャートを使った分析法がわかる無料講座をプレゼントしています。こちらをクリックください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。