漁村コヒマルとヘミングウェイ博物館を観光

ヘミングウェイの邸宅

ヘミングウェイの邸宅

キューバではパパと呼ばれ、各地にその名を残す文豪ヘミングウェイ。その彼の足跡をじっくり満喫できそうなのが、今回見つけたこのツアーです。

ホテルに迎えに来てくれたツアーがスタートするのは、ヘミングウェイの邸宅からです。贅を尽くし、彼が暮らしていた時にはたくさんの猫がまどろんでいた邸宅も、現在は博物館になっています。彼が執筆の合間に休んだであろう日当たりのよいバルコニーで、往時をしのびましょう。

その後は、小説「老人と海」の舞台となった漁村コヒマルへ移動します。当時も今も変わらぬ情緒ある風景が堪能できそうです。

最後はヘミングウェイがよく立寄ったシーフード「ラ・テラサ」にて昼食をとり、14時頃ホテルまで送ってくれるとのこと。

いやいやなんともキューバ的な、のんびり日程ですねぇ。もしこれだけでは物足りないという方は、ハバナ市内にあるヘミングウェイの定宿、アンボス・ムンドスや、彼の銅像がカウンターにいまもよりかかる、なんていかがでしょう?

キンと冷えたフローズンダイキリ、その名もパパリブレに酔えば、彼が隣にいるような気がするかもしれませんよ?

■ツアー会社
・URL:www.mexicokanko.co.jp/index.htm

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。