ガソリンとハイブリッド、どちらを選ぶ?

Q5ハイブリッドメーター

ハイブリッド専用メーター。左下にバッテリー計、左にエネルギーメーター、中央にエネルギーフローなども表示できるディスプレイ、右に速度計を用意


ハイブリッドとガソリンが設定されるQ5は、昨年のマイナーチェンジでガソリン車の魅力も増しただけに迷いどころだろう。Q5の2.0TSIクワトロは579万円で、3.0Lも673万円。対するハイブリッドは715万円と2.0Lと比べると約135万円、3.0Lでも40万円以上の差が付いてしまう。

ハイブリッドはエコカー減税対象車で、実用燃費も期待できるとはいえ、燃費で元を取るのはかなり時間がかかりそうだし、左ハンドルのみなのもマイナスポイントになる人もいるだろう。

より上質な走行フィーリングと可動域は低いが、EV走行などを楽しみたいのであれば選ぶ価値は十分にある。逆にいえば、Q5らしさはエントリーグレードの2.0Lターボモデルでも十分味わえるから、Q5シリーズ全体の完成度の高さを実感させられた次第だ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。