より貯蓄性のある商品を選ぶ

定額型は貯蓄性で選ぶ

定額型は貯蓄性で選ぶ

定額型の個人年金保険は、長い期間をかけて保険料をコツコツと積み立てていく分割払いと、まとまった保険料を払う一時払いがあります。どちらのタイプも契約時に将来の受取額が確定します。払込保険料の総額と年金受取額を比較してみて、より貯蓄性のある(受取額が多い)商品を選びましょう。

では、ここから、主な商品の特徴を確認していきましょう。

 
個人年金保険(定額型)

個人年金保険(定額型)


●年金ひとすじワイド : 明治安田生命
職業告知のみで申し込みでき、保険料払込期間満了後に10年間の年金を受け取ることができます。年金開始の際に所定の心身障がい者に該当しているときは、申し込み時の10年確定年金に代えて10年保証期間付割増終身年金へ変更できます。契約年齢は20歳から60歳。この保険には、同社取扱いの「年金ひとすじ」と異なり、保険料払込免除のしくみはありません。年金開始日前に解約した場合の解約返戻金は既払込保険料相当額が上限です。

●アフラックの個人年金 : アフラック
一定期間(5・10年)、一定額の年金が確実に受け取れます。60歳から年金を受け取るプランの他、年金受取開始年齢を65歳・70歳に繰り下げて年金を多く受け取るプラン、60歳時に一時金で受け取るプランもあります。保険料は1000円単位で設定できます(ただし、基本年金額は30万円以上990万円以下)。将来、受け取る年金額で保険料を決める「年金建プラン」もあります。

●5年ごと利差配当付個人年金保険 : 東京海上日動あんしん生命
契約時に、将来、受け取る基本年金額が確定します。年金開始までの期間は11年以上、最高90歳までの範囲で自由に選択できます。年金支払期間は5年・10年・15年の3パターンから選べます。契約年齢は0歳から79歳まで(年金支払期間により異なる)。将来、受け取る年金額で保険料を決める「年金建プラン」もあります。通販で加入する場合には、契約年齢などが異なります。

●ニッセイ積立利率変動型年金 マイドリームプラス(固定金利型) : 日本生命
死亡給付金は基本給付金額(一時払保険料)を最低保証。契約時に年金原資が確定し、一時払保険料を下回ることはありません。最低保険料は50万円以上10万円単位。据置期間は5・10・15年。契約年齢は16歳以上84歳以下(据置期間により異なる)。

変額型については次ページで確認してみましょう。