ブータンを代表する国民料理 「エマダツィ」

エマダツィ

エマダツィ

日本語で唐辛子を意味する「エマ」とチーズを意味する「ダツィ」を一緒に煮込んだ、ブータンを代表する国民料理です。ブータンでは、ご飯にあうおかずとして食べられています。

唐辛子とチーズの組み合わせだと聞いただけでは、辛いのかマイルドなのかよくわからないと思いますが、激辛です。ブータン料理は基本的には激辛で、唐辛子も香辛料としてではなく、「野菜」として食べられるほどです。市場に行っても、大量の唐辛子が売られています。そんなブータンだからこそのエマダツィ、旅行に行くと食事の多くで出てきます。ただし、そこで出される毎回が辛いわけではありません。

ブータンでは、ホテルもレストランも外国人向けに用意されています。そのため、料理も外国人向けに辛さを控えめにしていることが多くあります。

ただ、中には激辛なところもあったりはします。激辛なものは、少し食べただけでも口の中が痛くなり、大量のご飯とお水が必要になります。汗と鼻水も止まらなくなり、強烈な辛さの刺激が脳を直撃します。なので、もしお店の人がエマダツィを指さしながら「ホット、ホット」と教えてくれたら、辛いのが苦手な方は、食べるのをやめることをお勧めします。

ただ、ブータンで毎日食べられているほどなので、好きになる旅行者も多いそうです。ちなみに僕は、初めて食べたときは食べながら後悔したのに、次に食べたのが辛くなく、なぜだかガッカリしました。が、その次出てきた激辛のを結局後悔しながら食べる、という不思議なサイクルを繰り返しました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。