キッチンとダイニングが付いたアパートメント・タイプのホテル「City Living Hotel」

 

 

 

 

 

 

トロムソの街のカテドラル(大聖堂)から200mの距離にある「City Living Hotel」は、各部屋にキッチンとダイニングが付いたアパートメント・タイプのホテルです。キッチンには最低限の調理器具が揃っています。

北極圏内にありながらも、メキシコ湾流の影響で比較的穏やかな気候の街トロムソ。19世紀の終わり、この街は北極探検の出発地として、「北のパリ」と呼ばれていました。かのロアール・アムンセンやウンベルト・ノビレ、フリチョフ・ナンセンと言った極点を目指した探検家達が、犬ぞりや北極圏での経験を積んだのもこの街。現在は水産業をメインとする学術都市であると同時に、オーロラや白夜を観測出来る観光地として賑わっています(人口は約6万6500人)。

私たちの滞在したCity Living HotelのJunior Suiteには、フラットTVの前にソファーセットもあり、まるで自宅にいるかのように、ゆっくりとくつろぐ事ができました。館内はFree Wi-Fiです。

ホテルはフロント・エントランスと、部屋のあるエレベーター・エントランスが別れているので、チェックインを済ませた後は、必要の無い限りチェックアウトまでホテルスタッフと会う機会のない、すべてにインディペンデンスな造りになっています。

1階には、利用無料の洗濯機と乾燥機がセットされてあり、自由に使うことが出来るようになっています。

普通のホテルのように朝食は付いていませんが、ホテルから50mばかりの距離にあるスーパー・マーケットで何から何まで購入出来ますし、またホテルの斜め前には、小さなレストランもあるので何も不自由なことはありませんでした。

物価の高いノルウェーですので、スーパーで買い物をして、時には部屋で料理を作る事が出来たのも、私たちには大変ありがたかったです。


■City Living Hotel
住所:Gronnegata 48, 9008 Tromso Norway
営業時間:フロントのオープン・タイム
月~金:8.00-22.00、土~日:10.00-22.00
公式ホームページ:City Living Hotel

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。