ハンガリーの首都 「ブダペスト」

 

 

ハンガリーの首都であり、ドナウの真珠とも言われるほど美しい街。
水の街。

ドナウ川を挟んで西側がブダ地区、東側がペスト地区で、もともと別の町だったものが1873年に合併して現在のブダペストになりました。
そして、街の中央にはドナウ川が悠々と流れています。

ブダペストの見所はたくさんありますが、一番の見所はなんといっても、小高い丘の上にある王宮です。
現在は博物館と図書館になっていて、中世の雰囲気が漂う素敵な場所です。
また、ゲッレールトの丘からはドナウ川を中心に広がる街の景色を高台から眺めることができますよ。
 

 

 

 

ペスト側にも国会議事堂やオペラ劇場、聖イシュトバーン大聖堂など、数多くの歴史的建造物があり、カフェで一休みしながらの散策が楽しい地域です。

そして、ドナウ川をはさんだブダとペストを結ぶ橋も必見。
その中でも一番有名な重厚な鉄の吊橋「くさり橋」は是非訪れてみてください。
最初の橋にして最も美しい橋といわれています。

美しい街並みを歩くのも大変楽しいのですが、市内の観光スポットは結構広範囲に広がっているため、うまくバスや地下鉄、トラムなどを組み合わせて回ると効率的に回れますよ。

■ブダペスト
アクセス:空港からエアポートシャトル(片道3,200 Ft.)や市バス、鉄道など

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。