NBOXのライバル車種が登場

スペーシア X キャンドルオレンジメタリック

スペーシア X キャンドルオレンジメタリック

現在日本で一番売れている車種は何かと言えば、トヨタのハイブリッド車であるアクアとプリウス、そしてホンダの軽自動車NBOXであります。直近の半年くらいはこの3車種でTOPを争っている状態。興味深いのがNBOXだ。ハイブリッドのような最先端技術を使っていない。
 
しかも全くの新型車である。ライバルメーカーからすれば「頑張ればベストセラーカーを作れる」ということで格好のターゲットになった次第。当然の如く「柳の下に居る二匹目のドジョウを狙った車種も出てくるに違いない」、と言われてたのだけれど、早くも出てきました!
 
スズキの『スペーシア』でございます。果たして売れるだろうか? このクルマ、厳密に言えば『パレット』というモデルの後継車である。興味深いことにパレットはダイハツの『タント』をマネしたモデルだった。NBOXもタントのマネながら、後出しジャケンでキッチリ勝った。
 
パレットは後出しジャンケンで負けちゃったのである。今度こそ!ということで車名を変更し、タントとNBOXに再チャレンジしようという作戦。
 

スズキ・スペーシアはどう戦うか

スペーシア X インパネ(スマートフォン連携ナビゲーションはメーカーオプション)

スペーシア X インパネ(スマートフォン連携ナビゲーションはメーカーオプション)

なぜパレットは売れなかったのか? 決して悪いクルマじゃなかった。室内スペースだってタントに負けていない。乗り心地だって上々。
 
おそらくブランドイメージが薄かったからだと考える。メディアへの露出は少なく、認知度が低かった。スペーシアはどうか? これまた”売り”が見当たらない。もちろんクラスNo.1の燃費の良さは素晴らしいアピールポイントだけれど、NBOXの押しの強さにゃ届かないと思う。
 
加えてスペーシア級になると軽自動車だって安くない。安全性を考えるユーザーが多くなる。なのにスペーシアときたら横滑り防止装置をオプションでも選べないのだ(NBOXは標準装備)。この点をホンダのディーラーで指摘されたら、ほとんどの人はNBOXを買うだろう。
 
スペーシア T シート

スペーシア T シート

一時期、安全性向上にチカラを入れていたスズキながら、ここにきてムカシの「軽自動車は安い方がいい!」路線に戻ってきてしまった。本来ならダイハツのように追突低減ブレーキなど欲しかった。ということでスペーシアはパレットと同じような状況になると予想しておく。
 
スズキはNBOXより安い価格と燃費の良さをアピールしてくるだろうけれど、ユーザーからすれば多少安くて燃費が良くても、安全装備を削ったようなモデルは買わないだろう。もちろん価格の安さに魅力を感じるユーザーもいるだろうけれど、ベストセラーカーになるほど多いとは思えない。
 
今や軽乗用車クラスはホンダが本気になった。2012年1月の販売台数を見ると、スズキ3万3251台に対しホンダ1万6810台。今年1月はスズキ3万4208台に対しホンダ3万2307台。まだまだホンダは新しい軽自動車を出してくる。スペーシアのような考え方じゃ厳しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。