美文字になれる教室・博物館・パワースポット

ここのところ、美しい字=“美文字”を目指そうという風潮が高まっています。ちょっとしたコツをつかめば字が綺麗になるというテレビの特集や、美人タレントが驚きの癖字を披露してみんなびっくり! というバラエティ番組を見て、身に積まされた方が多かったのでしょうか。都内のペン習字教室は「問い合わせが増えた」「募集を中止している」という状態のところも多く、世の中美文字ブームに湧いているようです。

そこで今回は、「東京の美文字スポット」をご紹介。美文字に直結するワンデーレッスンのお教室はもちろん、見るだけで美文字の勉強になる博物館、美文字のパワースポットなど、美文字を楽しく習得できる場所をご案内します。

字も心も美しく! 書道サロン『墨麗』

高橋史先生

こちらが代表の高橋史先生。ラグジュアリー雑誌にも度々登場する、美しすぎる書道家です

書道サロン『墨麗』は、原宿・表参道エリアにある美文字スポット。スタイリッシュなマンションの一室で、ペン字・小筆・大筆を使った、かな・楷書・行書・草書の1Dayレッスン(2時間半7000円)を受けられるお教室です(女性限定)。

サロンの代表であり、マンツーマンで美文字を指導してくれるのは高橋史先生。一見“書道家”とは思えないエレガントかつ可愛らしい雰囲気の女性ですが、それもそのはず。ラグジュアリー雑誌でそのライフスタイルが度々紹介される、美容情報にも精通した「美しき書道家」なのです。

サロンのコンセプトは「書道を通じて字はもちろん、心も美しくなること」。3歳から書を学んでいた高橋先生ですが、卒業後は大手保険会社に勤務。仕事で困難にぶつかったり、ビジネス書を読み耽るうち、子どもの頃から身近にあった先人達の“書”の中に、現代人にも生きるヒントとなるような哲学が、沢山あることに改めて気づいたのだそう。「禅語やお経など、一見難しく見える“書”に記された生きるヒントを知ることで、人生は生きやすく、心も美しくなると思うのです。ただ美しい字を教えるだけでなく、“書”の内容を咀嚼して伝え、心のなかを麗しい状態に導いていくのが私の役割です」。

お手本

すぐに活用できる実用的なお手本がいっぱい

1Dayレッスンでは、2時間半の時間内であれば「ペン字で名前を書く」「小筆でのし書き」「筆ペンで手紙を書く」など様々な要望に対応してくれます。

また他にはないおすすめのコースが一回完結型の『筆跡診断』(10000円)。心理学や統計学に基づいた筆跡心理学に基づき、高橋先生が性格や行動傾向を診断してくれるというものです。字の線の長さ、ハネ方、大きさなどから筆跡の特徴を診断。そしてカウンセリングで明らかになった「自分がなりたい人物像」に近づくよう、ペン字のお手本が作成され、それを元にペン習字の練習をする、という内容です。なりたい人格にふさわしい字を書いていると、自分自身の深層心理に働きかけることになり、次第に行動や性格に変化が現れるそう。

筆跡診断中

私の癖字から判明したのは……

昔から「一度見たら忘れられない」といわれる酷い癖字の私も診断して頂きましたが、長所を沢山言ってくださる優しい高橋先生。ただ一点、「へん」と「つくり」の間が狭いのは頑固の特徴だそうで、改善したいなら空間をとりましょうね、とアドバイスされました(その後2文字?という位、間を空けています!)。自分の特徴を生かしながら、美文字&美心を目指したい方にお勧めです。

ところで高橋先生に美文字になる秘訣とは? と伺ったところ、「字は空間をどのようにとるかが大事なので、良い書を見るときは空間に注目です」とのこと。
次のページでは、そんなお手本が山ほどあるスポットをご紹介します。