生命保険は万が一に備えて

まず、もうすぐ子どもが生まれる専業主婦家庭の夫におすすめの生命保険としておすすめなのが、1年更新型の損保ジャパンDIY生命「1年組み立て保険」と、日立キャピタル損害保険会社「LTD」です。

子どもが生まれた時に、生命保険を見直すのはなぜでしょうか? 子ども一人大学までの学費でも1000万円が必要です。その他、食費、学外活動費、塾代などお金が不可欠です。万が一の時にそれらが準備できないと、路頭に迷ってしまうわけです。そうならないために準備が必要なのです。

では、ずっと同じ金額が必要でしょうか? そうではありません。子どもの成長とともに準備が必要な教育費は減ります。

例えば中学入学時、幼稚園や小学校の支払いは終わっています。なので保険としては不要であり、減額して貯金に回すべきです。また、賃貸は支払いが続くので、生命保険でカバーする必要がありますが、家を買った場合は「団体信用生命保険」があり、死亡時は後のローンの支払いは不要になります。つまり、家の購入時にも見直しするのがいいのです。

損保ジャパンDIY生命「1年組み立て保険」は
負担が少ないです

1年組み立て保険は子どもの成長、住宅購入、奥様が社会復帰など、ライフプランの変更に合わせて組み直しやすく掛け捨てなので、月々の負担も少ないことが最大のおすすめ理由です。

日立キャピタル損害保険会社「LTD」は
最長60歳まで保険金が支払われます

万が一でも死亡しなかったが、動けなくなる場合もあります。特に持ち家の場合、「団体信用生命保険」も出ず支払いが続きます。そのため最長60歳まで保険金が支払われるLTDでまかなうのです。

ライフプランを設計しましょう

ぜひライフプランをたて、自分たちのライフイベントと、今後いくら不足する可能性がるのか、人生の設計図を作ってみてください。

会社によっては団体割引とか独自の保険とかで、よりメリットの大きい保険がある場合もありますので、旦那様の会社の厚生制度も確認し、比較することをおすすめいたします。

話は変わりますが、葬儀代(全国平均300万円)は誰にでも必要になります。300万の一時支払いがつらいとお考えの場合は、葬儀代を掛け捨てではなく終身保障で考えておくとよいでしょう。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。