定期預金の複利運用で、少しでも期間を短縮

1000万円貯めるというのは気が遠くなるような話ですが、リスクの高い金融商品に手を出して損失を被れば貯金どころではありません。そこで、私がオススメする一番手堅い貯金法をご紹介します。

毎月どのくらい貯金のために捻出できるかは個人差がありますが、現実的な金額として【2万円/月を貯金する】こととします。毎月2万円を貯金するためにできることは、

◆生活費のムダ削減
◆家賃や保険などすべての契約を見直す

生活費として毎月いくらかかっているか各項目を書き出し、無駄がないか徹底的に調べましょう。また、現在貸家に住んでいる方は、引っ越しをしてでもトータルで経費削減になるなら、さらに安い家賃の家に引っ越すことが可能です。そして、生命保険や自動車保険などの契約も見直し、さらに安いお得な保険がないかどうか調査しましょう。

毎月2万円を貯蓄すると、1000万円貯めるには41年8カ月かかります。しかし、毎月貯蓄したお金を眠らせておくのはあまりにももったいないので、元本保証で手堅い資産運用法である定期預金で運用することにします。

定期預金と言っても運用法はさまざまですが、結論から申しますと、【1年定期の複利運用】が一番現実的で実用的な運用法です。長期金利の方が金利が高いのでは?と思うかもしれませんが、金利リスク(運用中に金利が上がってしまうこと)を考慮すると、1年定期がベストな選択かと思われます。それを複利運用(元本+利息を継続して運用すること)することによってさらなる利益アップとなります。

まず、2万円/月貯金し、4年2カ月かけて100万円貯めましょう。そして100万円貯めるごとに定期預金で運用することにします。将来の金利は予測不可能ですので、現在(2012年12月)1年定期で最高金利0.450%を提示する静岡銀行の金利で継続して運用することにします(静岡銀行1年定期金利0.450%(税引き0.358%)、1年で3580円の利息)。

上述したように1年定期で複利運用すると、約40年で1000万円貯まる計算になります。定期預金で運用しても約40年かかるわけですね。貯金を始める時点の貯蓄額、40年間の金利状況や資産運用法といった要因で年数は変動します。しかし、手堅く賢く1000万円貯めたいなら……

【2万円/月貯金、1年定期預金で複利運用】

これをオススメしたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。