虫歯は口の中が「酸性」のときにできる!?

歯が溶ける果物

虫歯菌が歯に穴を開けるのではなく、酸が穴を開ける

■酸性に傾いた口内は虫歯の活動期!
口の中は唾液のpHコントロールが働いているため、普段はほぼ中性です。そして歯の表面のエナメル質は約pH5.5より酸性になると溶けはじめます。この状態が続くことで歯に穴を開いてしまうのが虫歯の仕組です。

順序としてはまず虫歯の元になるプラーク(虫歯菌の塊)が歯の表面に付着します。しかしプラークがあってもすぐに虫歯になるわけではありません。唾液が十分に潤っている環境であれば、唾液の働きにより歯が溶けない程度の酸性に抑え込まれています。

虫歯菌が押さえ込まれている状況を突破して、歯を溶かすようになるのは、糖などのエネルギー源を吸収したときです。活動が活発になり、プラーク本体の酸性が強くなります。すると付着している歯の表面(エナメル質)が酸によって溶けはじめます。これを脱灰と呼んでいます。

■唾液によって口内が中性に戻ると、歯は再石灰化(修復)する
糖の吸収が終わっても、しばらくは酸性状態が続き歯が溶かされ続けます。しかししばらくすると唾液の成分が中性に戻そうとします。このとき柔らかくなった歯の表面も再び硬くなっていきます。この歯の修復を「再石灰化」と呼びます。唾液の修復が終わるのは食後約1~3時間程度必要になるようです。

通常は食べたり飲んだりするたびにこの現象が繰り返されます。毎回完全に再石灰化までの行なわれれば、虫歯になることもなく回復します。しかし溶けた部分の補修が完了する前に次の脱灰が行なわれると、次第に虫歯の穴が開いてしまうのです。このため間食を含む食事の間隔をしっかり空けることが大切なのです。

■飲食物の酸性も影響するときがある
果物などの酸性食品や、ジュース類などもほとんどが酸性だということはご存知でしょうか? このような酸性食品は、歯に繰り返し長時間触れていると、プラークがなくても脱灰を起こし、歯の表面を溶かしてしまうことがあります。これが「酸蝕症」です。プラークが付着していれば虫歯の進行がさらに早まります。この場合でも溶けた歯の表面を修復してくれるのは唾液です。
  • 歯にとって、口内の「酸性」環境は悪条件
  • 口内を「中性」に戻して歯を修復してくれるのは唾液
ということです。

一歩進んだ口の中のpHコントロール!?

口の中をpHで考えていくと、虫歯予防のために必要なものが、シンプルに見えてきます。
  • 歯磨きをする=酸を産生する元を取り除く
  • フッ素を歯に塗る=酸に溶けにくい硬い歯をつくる
  • 睡眠中は虫歯ができやすい=唾液の分泌が減るため修復がない
  • 寝る前の飲食はリスク=プラークが朝まで歯を溶かす可能性が高くなる
  • 食べたあとにすぐ歯を磨かない=柔らかくなっている歯を傷付ける
  • ダラダラ食べない=溶けた歯の修復時間が足りなくなる
水、お茶、ブラックコーヒーやアルカリ水などは、虫歯菌にエネルギーを与える糖を含まないで、歯の表面を酸性にすることがありません。そのため歯には安心です。また数は少ないですが、市販されているスナック菓子の中にも食べてもプラーク内のpHが5.5を超えない食べ物といったものもあります。

pHコントロールによる虫歯予防は、「酸で溶ける量を最小限にして、修復効果を最大限にする環境を作る」ことです。

もちろん基本のブラッシングでも虫歯予防!

pHコントロールはあくまでブラッシンングをしっかり行ったあとに考えるものです。唾液の修復効果を高めるためには、プラークはできるだけ少なくしておく必要があります。pHを中心にした考え方は、虫歯予防に役立ちますが、歯周病予防にはあまり効果がありません。

もちろん唾液の成分も大切です。最近では自分の唾液の性質をチェックできる「サリバテスト」というものがあります。取り扱う歯科医院も増えてきたので一度かかりつけの歯科医院でチェックしてみるとよいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項