ご主人が沖で獲った魚は温もりを感じる「民宿田中」

 

 

 

 

 

 

青森県と秋田県にまたがる白神山地には世界最大級の原生的なブナの自然林が残されています。屋久島とならんで1993年12月に世界遺産に登録されました。

次世代に貴重な自然環境を引き継いでいくため人手を加えていないので、人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が保たれているのです。一般は暗門の滝、十二湖、高倉森歩道、太夫峰、白神岳、小岳、二ツ森、藤里駒ケ岳、岳岱自然観察教育林など入山できる場所が決まっています。

標高は1000m級の山々なのですが、高緯度と海抜0mから突如、高くなり湿った日本海の海風をもろに受けるので、多くの雪を降らせます。ただし、海岸沿いは強い海風に飛ばされて積雪は思いのほか、少ないことに驚きます。

その海っぺりをJR五能線は東能代と川部を結びます。トンネルが少ないので東八森~北金ヶ沢間は絶景が続きます。地元の足としてもなくてならぬ存在です。大風で止まることしばしばですが、風が強いお陰で線路が保たれているのかもしれません。

「日本の水浴場55選」「日本の夕陽百選」に選ばれている深浦の千畳敷海岸は、1792年の地震により隆起して出来た岩床の海岸です。

二軒ある食堂兼土産屋の内「民宿田中」には何度もお世話になっています。おしゃべり好きの肝っ玉母さんの女将は何度も朝のニュース番組に出ています。口数の少ないご主人が沖で獲った魚は何か温もりを感じます。お邪魔する時、ケーキなどのお土産を持って行きますと、「あーうめ、中々甘い物、くわれねっから」と喜んでくれます。


■民宿田中
住所:青森県西津軽郡深浦町大字北金ヶ沢字榊原138-5
TEL:0173-76-2977
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。