日本海の青い海と橙色の夕日を見つめる「チゴキ灯台」

 

 

山、川、丘、街、海……心の奥に残る風景は思い出すたびに、私の気持ちを温めてくれます。青森県との境、秋田県八峰町にチゴキ岬に建つチゴキ灯台もそのひとつです。心の奥を照らしてくれる風景です。

日本海の縁をステッチするように走るJR五能線ほど素敵な路線は少ないように思います。東八森から北金ケ沢までは世界遺産に登録された白神山地が迫ります。日本海との間の狭い土地に人が住み、鉄道と国道が血脈をつなげています。

チゴキ灯台は日本海の青い海と橙色の夕日をいつも見つめています。この灯台のファンは多いのだと思いますが、灯台の近くで一度も出会ったことはありません。チゴキ岬、チゴキ灯台には静かな時だけが流れています。

チゴキ灯台にじっとしていて喉が乾いたら、青森県との県境近くある道の駅「はちもり」に行って、こんこんと湧き出る「お殿水」を味わってみてはいかがでしょうか。この水を口にした津軽の殿様が「甘露、甘露」と称えたのでこの名が付いたそうです。


■チゴキ灯台
住所:秋田県八峰町八森
アクセス:JR五能線岩館駅から徒歩10分、「お殿水」灯台から徒歩15分
電話番号:0185-76-4605(八峰町産業振興課) 
URL:http://www.town.happou.akita.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。