ダークファンタジーの王道、ドラゴンエイジオリジンズ

膨大な文章量によって、日本語へのローカライズが不可能とさえいわれたゲームが、このドラゴンエイジオリジンズです。おすすめの理由は、英雄の物語、クラスとスキルシステム、戦闘システムの3つにあります。

ドラゴンエイジオリジンズは、海外では続編や映画が作られるほど大ヒットしたので、翻訳を心待ちにしていた日本のプレイヤーも多い作品でした。

専門の辞書が一冊作れるほどの緻密に構成された中世ファンタジーの世界。人間、ドワーフ、エルフといった異種族がそれぞれのわだかまりを捨てて、共通の敵であるダークスポーンとの戦いに挑む一大叙事詩となっています。

この物語をプレイヤーは、英雄(グレイ・ウォーデン)の視点で体験することになります。そして、主人公が選んだ選択肢によって、彼らの運命が左右されます。

選択次第では異種族を根絶やしにすることや、悪魔に魂を売るなどといった最悪の選択も可能なので、くれぐれも選択するときは慎重に行ってください。どんな選択をしても、エンディングを迎えることは出来ます。また、仲間との友好度でも、その後の展開が変わりますので、何度でも楽しめます。異性のキャラにプレゼントをあげたり、喜ぶ選択肢を選んで仲良くなれば、告白されたりもします。

また、キャラ作成の時に、クラスを戦士、ローグ、魔道士の3つから選ぶのですが、それぞれ4つのサブクラスが存在しています。ゲーム進行途中のイベントで2種類までサブクラスを身につけることができます。サブクラスは覚えるスキルも異なるので、プレイスタイルに合わせた様々な戦い方が可能となっています。

戦闘システムでは、プレイヤー以外は全てオートで動きます。また、ポーズをかけて細かい命令を出すこともできます。この戦闘システムが非常に良く出来ており、敵が気づく前に、扉の前にトラップ魔法を仕掛けたり、生存術というスキルを覚えて、相手の位置を事前に知ることができれば、範囲魔法を扉越しに指定して撃つなんていうユニークな攻略方法もあるぐらいで、自分なりの戦い方を編み出せるのがとても魅力的です。


■商品情報
・タイトル名:Dragon Age:Origins
・メーカー:スパイク
・公式HP:http://www.spike-chunsoft.co.jp/dao/

※上記データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。