石川尚のWAKUWAKUプレス・レポート
【保存板】『クリエイターズ』展 写真集08






世田谷美術館の窓からは新鮮な緑の空気がこの低座椅子(設計:坂倉準三建築研究所(担当:長大作)、製作・販売:天童木工)を包み込む。赤の背に灰の座面、それを支える脚は黒。この配色と、ことのほか低い座面プロポーションとコンビネーションが日本人のDNAをくすぐる。

低座椅子はまさに、日本人の椅子だ!







【保存板】『クリエイターズ』展(本文へ)


■今回の関連リンク
世田谷美術館


" target=_blank>天童木工




■会場:世田谷美術館
■会期:2006年7月15日~9月24日

※取材協力:世田谷美術館


★好評シリーズ、ガイドが選んだ名作椅子/一家一脚・椅子物語バックナンバー
★椅子やファニチャーデザインのコラムが大評判!・・・『ファニチャーメルマガ』をお楽しみ下さい。ご登録も忘れずに!
★ガイドのエピソードが満載のガイドインタビューはこちらから!




※全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。
(C)2001-2006 Copy & Photo by イシカワデザイン事務所 All rights reserved



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。