年会費2000円で持てるゴールドカードとは

割安な年会費でさまざまな特典を享受できる

割安な年会費でさまざまな特典を享受できる

かつては、カード会社に選ばれたセレブだけが持つことを許されたプレミアムカード。庶民にとっては夢のまた夢でしたが、今では、それほど敷居の高いものでもなくなりつつあります。

「貸金業法が改正されて、上限金利が29.2%から20%に引き下げられ、キャッシングやローンだけでは経営が厳しくなったことから、カード各社は収入源として年会費に注目しはじめました。その結果、プレミアムカードの発行ラッシュが起きています」

たとえば、三菱UFJニコスの「MUFGカード ゴールド」は、れっきとしたゴールドカードでありながら、年会費はわずか2000円です。
「にもかかわらず、最高2000万円までの海外旅行傷害保険が自動付帯され、コールセンターでは24時間いつでもいろいろなリクエストに応えてくれます。また、年1回指定月のポイントが1.5倍になるアニバーサリーポイントも要注目です。日本最大のメガバンクが発行するゴールドカードですから、年会費は安くてもステイタス性も十分あります」

オススメのゴールドカードは?

オススメのゴールドカードは?


年会費1万5000円で空港ラウンジを利用できる

「楽天プレミアムカードも年会費が安いのにサービスは充実しています」と岩田さん。
「年会費は1万5000円ですが、最高5000万円までの国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が付帯されているうえ、国内外の600箇所以上の空港ラウンジを無料で利用できる『プライオリティ・パス』を無料で登録することもできます」

誕生月に楽天市場や楽天ブックスで『楽天プレミアムカード』を利用して買い物をするとポイントが3倍になる特典もあります。
「クレジットカードを使う目的が節約であっても、年会費がそれほど高額ではなく、かつサービスが充実しているプレミアムカードであれば、持っても悪くないかもしれませんよ」

監修/岩田昭男(クレジットカード評論家) 取材・文/大山弘子  
イラスト/竹松勇二 デザイン/引間良基


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。