皆が買っているからでなく目的を明確にして下さい

 

 

最近では色々な電子書籍が販売されています。 AndroidやiPadなどのタブレット端末型の物、Amazon Kindleや楽天Koboのような電子ペーパーを使ったものなどがあります。電子書籍の利点と欠点は

利点

  • 紙の書籍より省スペース
  • オンラインで決済し、購入可能
  • 機種によってはマルチマディア(動画や音声)を楽しめる

欠点

  • 一部の機種を除いては自前でインターネット回線が必要
  • ページの早めくり、パラパラめくる事が出来ない
  • 他人に本を譲ることが出来ない、古本屋にデータを再販できない
紙の書籍より省スペースという部分はすべての人に喜ばれることですが、オンラインで決済して購入できるポイントは、利点でもあり欠点でもあります。 また、パラパラめくることや、いろいろな本を同時に開いて楽しむことが難しいです。

これから電子書籍リーダーを購入しようとしている人へのアドバイス:

目的を明確にして下さい、そして、最初に書いた通り、電子書籍リーダーには二種類の分類ができます。
  • タブレット端末型
  • 電子ペーパー型
白黒でも良いのでとにかく、大量の本をコンパクトにまとめたいという人は電子ペーパー型が良いです。 一方、ゲームや動画、音楽、カラーで楽しみたい人はタブレット型をおすすめします。

通信環境ですが、ややこしい設定が嫌いな人は3G対応の端末をおすすめします。3Gとは携帯電話の電波を使ってデータをやり取りする仕組みです。 3Gであれば自宅にインターネット回線が無くても利用できます。 最後に選び方チャートを書いておきます。

Q&A

  1. 白黒でもいいので多くの本をコンパクトに持ち歩きたい
    電子ペーパー型をおすすめします
  2. ゲームや動画、音楽も同時に楽しみたい
    タブレット型をおすすめします
  3. インターネットとか良くわからない
    3Gが内蔵されたものをおすすめします
  4. 出先で使いたい
    軽量な電子ペーパー型をおすすめします



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。