IFD+OCO=IFO

IFO注文というのは、IFD注文とOCO注文の合わせ技であると考えて下さい。この方法を用いれば、新規のエントリーから利益確定、損失限定まですべてを賄うことができます。つまり、寝ている最中などで全くマーケットの動向を見ていられないような状況下でも、IFO注文を用いれば、すべての取引を行うことができるのです。

たとえば現在の為替レートが1ドル=80円で、チャートなどを見ると、1ドル=81円に達すると本格的なドル高トレンドになりそうです。でも、時間はもう夜中の2時。いくら何でもこれ以上起きていたら、明日の仕事に差し支えます。そういう状況で利用するのがIFO注文なのです。

具体的には、次のような注文を入れます。
新規買い注文 1ドル=81円
利益確定のドル売り注文 1ドル=83円
損失限定のドル売り注文 1ドル=80円50銭

以上の注文を一度に出すことができるので、まず1ドル=81円が付いたところで、ドル買い注文が出されます。

そして、そのままドル高が進み、1ドル=83円が付いたら、その時点で1ドル=83円で利益確定のドル売り注文が執行されるのと同時に、1ドル=80円50銭のドル売り注文はキャンセルされます。逆に、ドル安へと転じてしまった場合には、1ドル=80円50銭で損失限定のドル売り注文が執行されるのと同時に、1ドル=83円のドル売り注文はキャンセルされます。このように、IFO注文を活用すれば、夜中寝ている時でも、すべての注文を執行してくれるのです。上手に活用するととても便利なので、使い方を覚えておくと良いでしょう。

心の弱さをカバーするための自動売買

では、IFD注文やOCO注文、IFO注文といった自動売買には、どういうメリットがあるのでしょうか。前述したように、この手の自動売買は、自分がマーケットの動向を見ていられない場合でも、エントリーから利益確定、損失限定のための決済まで行ってくれますから、とても便利な機能です。

ただ、これに加えて、自分の心の弱さをカバーするというメリットもあります。

1ドル=80円でドル買いのポジションを持ったとします。
1ドル=82になりました。すでにコストを考慮しても十分に利益が出ています。でも、人間の欲には限度がありませんから、もっと儲けたいという気持ちが芽生えてきます。

1ドル=83円。それでもまだまだと思います。

1ドル=84円。いい加減、過去のチャートを見てもオーバーシュートだと分かります。でも、人間の欲は「もっとドル高になるはず」とささやきかけます。

当然、そんなうまい話はありません。1ドル=84円をピークにして、ドルは下がり始めました。結局、1ドル=82円でドルを手放すことになり、2円分も儲け損ないました。これが現実です。裁量でトレードをしていると、時々、この手の罠に陥ることがあります。自分の欲望が邪魔をして、本来、得られるはずだった利益を取り損なってしまうのです。

こうした事態にならないようにするためにも、OCOなどを活用して利益確定と損失限定のレベルを事前に置いておけば、利益確定し損ねたり、損切りし損ねたりすることはありません。機械的に処理してくれるので、自分の欲望や恐怖が判断力を鈍らせるようなことにもなりません。つまり、弱い心を補ってくれるというのが、自動売買の隠れたメリットなのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。