生命保険/生命保険の加入方法

保険窓口では最低限「これ」だけはという条件を伝える

複数の保険会社の保険を扱っている窓口で相談する時には、最低限「これ」だけはという条件を伝えればOK! その場での契約ということが不安であれば、必要書類や印鑑を持たずに、話を聞くだけを最初にアピールするといいでしょう。

投稿記事

  • Comment Page Icon

生命保険の募集人からのアドバイス!
保険の窓口では最低限「これ」だけはという条件を伝えよう

生命保険の募集人やってます。複数の保険会社の保険を扱っている窓口で相談する時には、最低限「これ」だけはという条件を伝えましょう。多くの人が求めている保障内容はどの保険会社の商品にも盛り込まれています。窓口ではその中から絞り込んでおすすめ商品を紹介してくれます。

その場での契約ということが不安であれば、必要書類(免許証などの本人確認書類)や印鑑を持たずに話を聞くだけを最初にアピールするといいでしょう。

死亡保障を手厚くしたいときは終身保険を選択するといいでしょう。
病気や怪我に対応する保険は生命保険会社の医療保険のほか、損害保険会社の医療保険もできます。生存祝い金なども保険会社により金額がバラバラです。
将来に備えてというなら養老保険・年金保険があります。

ポイントは
  1. 月額いくらまで保険料を支払うことができるか
  2. 何に備えるか(心配事は何ですか?)
  3. 職場での集団申し込みの有無

会社によってはとりまとめの部署で保険を受け付けているケースもあります。一度確認してみるといいでしょう。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます