なるべく手間をかけずに貯められる仕組みをつくる

私のオススメは先取り貯金です。下のどの方法でも100万円貯めました。

■財形貯蓄
会社に財形がある場合は、財形を使います。給与より天引きされるので、口座にも振り込まれないので、使ってしまう心配もありません。財形住宅や財形年金は税金優遇などもあるので、目的が決まっている場合は利用するといいと思います。出金する場合は会社に書類を提出する必要があり、時間と労力がかかるので、手をつけにくいというメリットもあります。

■積立貯金(スウィング)
給与振込銀行で毎月一定の金額を積立に回します。銀行によっては勝手にまとめて定期にしてくれる場合もあります。目標金額を設定できる銀行もあります。

■上記がない場合は、自分で他の口座に移して積み立てをする
普通預金でも別口など、二つ口座をもてる銀行もあります。貯蓄口座を利用したりすると、同じ銀行のATMでどちらの口座も入出金ができます。

※残業代や増えた手当の分をないものとして貯める口座もつくります。旅行などの自分へのごほうびに利用していました。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。