タイ北部の街、チェンライを堪能しよう!

樹齢100年の巨木、洗練された景観が印象的 。

芝生を敷き詰め、整備された美しい敷地に樹齢100年の巨木が。 都会的なイメージのあるホテル、メリディアンのリゾートラインだけあって、洗練された景観が印象的

タイ北部の街といえばチェンマイが有名ですが、かつてランナー王朝最初の都として栄えた古都チェンライは、そのさらに北180kmの場所に位置します。タイ北部独自の文化・伝統が残る観光地として人気のスポットなのですが、とくに12月から2月にかけての乾季の時期は肌寒いぐらい涼しい気候となり、街じゅうに様々な種類の花々が咲き乱れ、まさに百花繚乱の景色となるため、タイ全土から花見客が訪れます。チェンライの市街地は非常にコンパクトで、リゾートホテルの数もあまり多く無いのですが、今回ご紹介するル・メリディアン・チェンライリゾートは中でもお勧めの一軒です。

川沿いホテルで優雅にステイ

ミャンマー、ラオスとの国境地帯、メコン川から分岐するコック川沿い

ミャンマー、ラオスとの国境地帯、ゴールデントライアングルのメコン川から分岐するコック川沿いには、 メリディアンの他にも幾つかホテルが点在しています


 
ランナー王朝をイメージさせる荘厳な雰囲気のレセプション

ランナー王朝をイメージさせる荘厳な雰囲気のレセプション

ル・メリディアン・チェンライリゾートは、チェンライ空港から車で10分。市街地へのアクセスも良く、チェンライ観光の拠点として非常に便利。しかも川沿いという立地の為、インフィニティプールやリバーサイドレストランがあり、リゾート気分も満喫することができます。

メリディアンといえば、世界のトップアーティスト100人とコラボレートした「LM100 TM」というアート企画が話題となりましたが、こちらチェンライでも音楽、香り、写真、絵画、料理など様々なアートに触れる事ができます。



>>次ページではホテルのファシリティをご紹介しています。