習うより慣れろ、という言葉がぴったりの入門書です。実用性の高い4つのサンプルプログラムを入力して、まずはPerlという言語に慣れてみましょう。それがPerl習得の第一歩になります。

プログラム言語の入門書を読んで、最初の数十ページで挫折してしまう人は多いのではないでしょうか? 選んだ本がわるかったと別の本を読み始めても、変数だとか、制御構造だとか、最初に書いてあることはほとんど一緒、結局同じように最後までたどりつかずに挫折してしまうのです。

この本はそうした挫折とは無縁の本です。紹介されているサンプルプログラムを入力すれば、とりあえずプログラムが動きます。自らが打ち込んだプログラムが動いて感動すればしめたもの、きっとこの本を最後まで読み進めることができるでしょう。

文法自体の解説は不十分かもしれませんが、ネットが発達した現代であれば、やる気さえあればすぐに自分で調べることができます。プログラムが動くことでやる気がでて、結果として挫折することなく勉強が進みます。そうした意味で、Perlの第一歩を踏み出すのに、最適な本と言えるでしょう。

■おすすめの本
・つくって覚えるPerl入門
・価格:1890円
・販売先:Amazon


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。